『コーチングマネジメント』の要約:オートクラインを起こして頭の中を見える化

『コーチングマネジメント』の要約:オートクラインを起こして頭の中を見える化

『コーチングマネジメント』は、コーチング初心者から読める入門書です。

 

コーチングとは何か?ティーチングとどう違うのか?の疑問の答えや

人の話を聴くことの効果がよくわかります。

 

 

★『コーチングマネジメント』の要約ポイント★

 

・コーチングは行動を伴うアイディアを双方向で生み出すプロセス

 

・外に出すことで自分のアイディアを認識する(オートクライン)

 

・コーチングで物事の捉え方(パーソナルOS)をアップデートする

コーチングの基本と具体的なスキルも紹介されているので、

相手に行動を起こさせるようなコミュニケーションのヒントが得られます。

この記事では、『コーチングマネジメント』の要約と感想を紹介します。

スポンサードリンク





 

『コーチングマネジメント』の要約

『コーチングマネジメント』の要約ポイントは以下のとおりです。

このほか、個別具体的なスキル(質問やアクナレッジメントなど)も紹介されています。

★『コーチングマネジメント』の要約ポイント★

 

・コーチングは行動を伴うアイディアを双方向で生み出すプロセス

 

・外に出すことで自分のアイディアを認識する(オートクライン)

 

・コーチングで物事の捉え方(パーソナルOS)をアップデートする

1つずつ詳しく紹介します。

 

コーチングは行動を伴うアイディアを双方向で生み出すプロセス

コーチングは成果を上げたり課題を解決したりする手段の1つ。

 

コーチング以外にもいろいろな手法がありますが、

コーチングが優れているのは行動に移す段階まで伴走するところです。

 

たとえば、成果を上げるためのプログラムやコンサルタントによる分析を受けても、

そこから導き出された解決策を実行に移さなければ現実は変わりません。

 

コーチングは対象がなんであれ、

どうやったら行動して変化を起こせるかを支援します。

 

クライアントがキャンバスに向かって将来のビジョンを描き、

コーチは一緒にキャンバスを見ながら具体的な絵が描けるように会話する。

未来をリアルに感じられるように、

物語にして描いていくイメージです。

スポンサードリンク





 

外に出すことで自分のアイディアを認識する(オートクライン)

 

自分の言葉は自分が一番聴いています。

外に表現した発話を自分自身でも聴くことをオートクラインと呼びます。

 

オートクラインを起こすことで、

クライアント自身が自分の認識に気づく・頭の中を整理できるなどの効果があります。

クライアントが話す⇒コーチが聴く(パラクライン)

 

クライアントが話す⇒クライアント自身も聴く(オートクライン)

オートクラインやパラクラインは元々生物学の用語で、細胞が分泌した物を他の細胞が受け取ることをパラクライン、分泌した自分自身でも受け取ることをオートクラインと言います。

 

頭の中だけで考えている言葉が外に発せられるだけで

受け止め方が変わるのですね。

 

ただし、漫然とたくさん会話をするだけではオートクラインが起こりません。

オートクラインを起こすにはリセプター(受容器)が必要です。

 

リセプターがなければ気づき・アイディアをキャッチできません。

リセプターとは、脳が何に焦点を当てているか?と言い換えられます。

 

コーチの役目の1つは、

質問などを通してクライアントの視野を広げて新しいリセプターを作り出すことです。

スポンサードリンク





 

コーチングで物事の捉え方(パーソナルOS)をアップデートする

 

『コーチングマネジメント』では、物事の捉え方をコンピューターのOSに例えています。

OSとは、WindowsやMacOSなどアプリケーションが動く土台です。

 

どんなに新しいスキル・知識(=アプリケーション)を得ても、

価値観や物事の捉え方(=OS)が古ければうまく動きません。

 

『コーチングマネジメント』では、パーソナルOSのガイドラインが8つ紹介されています。

1:自分の価値観をはっきりさせる

 

2:未完了を完了させるシステムを持つ

 

3:自分の感情、考え、欲求、行動、自分の役割と距離を持つ

 

4:「私たち」という視点で人と関わる

 

5:バイオリアクション(本能、反射的な反応)から自由でいる

 

6:成功のバランスがとれている

 

7:楽観的である

 

8:自分のオリジナルのガイドラインを持つ

8つ目にあるように、このガイドラインも不変のものではなく、

常に時代に合わせて更新していくものです。

 

物事の捉え方は自分で変えられる!という前提に立ち、

どういうガイドラインを採用するか点検してみましょう。

 

物事の捉え方や価値観が大きく変わることをパラダイムシフトと言います。

 

コーチングはクライアントにパラダイムシフトを起こすことでもあり、

そのためにコーチ自身が柔軟なパラダイムを持っていることが必要です。

『コーチングマネジメント』を無料で読む方法

 

『コーチングマネジメント』は耳で聴けるオーディオブックがあります。

Amazon Audibleの無料体験を活用すれば1冊無料で読むことができます。

 

いつでも解約が可能で、

解約後も無料体験でもらったオーディオブックは聴き続けられますよ。

Audible(オーディブル)を無料でお試し!

 

⇓⇓登録手順や解約手順はこちら!

【Amazon Audibleの無料体験はかんたん】課金前に解約しても1冊無料でもらえる!

『コーチングマネジメント』の感想:心に残ったポイント

 

『コーチングマネジメント』で個人的に心に残ったポイントを紹介します。

 

感情と一体化してしまっている人は、感情の浮き沈みにコントロールされています。それだけでなく、自分の感情を、距離を持って観察するという経験を持たない人は、他人の感情を扱うことも難しいでしょう。

「距離」が持てるようになると、「ものの見方やとらえ方」の幅が広がります。

怒りや不安、イライラや悲しみなど、

誰でもパッと感情が沸き起こることがありますよね。

 

でも、その感情にどっぷりつかるか、距離を取るかは自分で選べるのです。

たまにはどっぷり浸かって感情を味わい尽くすのもいいと思います。

自分で選んだかどうかが大切です。

 

人が不平不満を言ってくるのは、その背景に「してほしいことや、してほしくないこと」があるからです。お願いすることや要望することは、無意識に禁じられていますから、不平や不満という形で、暗に相手に気づかせるという方法がとられるわけです。

不平不満を言うくらいなら、

ストレートにお願いしたほうが後腐れなく、時短にもなって合理的ですよね。

 

嫌なことがあってから「実は…」と切り出すのは言いづらいので、

「してほしいこと、してほしくないこと」は最初に明るく言ってしまうほうが良いです。

 

(前略)勇気と自己信頼、他者への信頼があるからこそ、人は、お願いしたり要望したりできるのではないでしょうか。

”要望する・お願いするのは弱い人間・わがままな人間がすること”

という先入観は捨てましょう。

 

要望やお願いが受け入れられないなら相手が断ればよいのです。

NGのときは相手が断ってくれるという信頼を持ち、

素直にお願いができる関係が理想ですね。

 

エコロジカルチェックというのは、考え、感情、意図、行動の状態をチェックすることです。それらに対し、さまざまな視点から質問をしていくことによって、変化によって生じる歪みを見つけ出し、変化によって手にする利益と生じる歪みというコストのバランスをとることを目的としています。

たとえ望んだ変化だとしても、変化にはリスクがあるというのが新しい気づきでした。

 

具体的には、ストレス状態、体調や生活の変化を聞いたり、

変化を自分がどうとらえているかを質問したりします。

 

変化が自分に与える影響に対して自覚的になることで、

見えないストレスや負担に気づいて早めに対処できます。

スポンサードリンク





 

まとめ:『コーチングマネジメント』で対話力UP!

・コーチングは行動を伴うアイディアを双方向で生み出すプロセス

 

・コーチはクライアントが自分で将来のビジョンを描くのを助ける

 

・オートクラインを起こしてクライアントの頭の中を整理する

 

・新しいリセプターをつくる=視野が広がる、新しい気づきがある

 

・物事の捉え方は自分で変えることができる

 

・信頼があるからこそストレートにお願いできる

 

・よい変化にもリスクはある。エコロジカルチェックで自分の状態に目を向ける。

コーチングとはどういうもので、コーチの役割とは何か?がよくわかる本でした。

 

コーチになりたい人だけでなく、

部下とのコミュニケーションや親子の会話でも使えそうです。

 

★今回紹介した本★

 

★コーチングに関する参考記事★

⇓具体的なスキルやコツが知りたい人向け

『新コーチングが人を活かす』の要約・感想【コミュニケーション技術の基本がわかる】

 

⇓より本格的にコーチングを学びたい人向け

『コーチング・バイブル(第4版)』の要約:コーアクティブコーチングとは?

 

★読書好きな人におすすめのサービス★

Amazon Kindle Unlimitedで電子書籍を無料体験

Amazon Audibleで聴く読書を無料体験

 

電子書籍で多読したい!人にはAmazon Kindle Unlimited

定価より安くてコスパがいいです。

Amazon Kindle Unlimitedを無料体験

 

 

時間がないけど読書したい人にはAmazon Audible

手が離せないときにも耳で読書できます。

 

40万冊以上が登録されています。

無料体験後はいつでも解約可能です!

Audible(オーディブル)を無料でお試し!

 

⇓⇓登録手順や解約手順はこちら!

【Amazon Audibleの無料体験はかんたん】課金前に解約しても1冊無料でもらえる!

 

★さくっとインプットしたいなら本の要約サービスflier(フライヤー)★

読み放題のゴールドプランが7日間無料で試せます。

参考記事:本の要約サービスflier(フライヤー)の料金プランはどれがおすすめ?【お得に試せる】