『運の方程式』の要約まとめ:幸運をつかむ科学的な攻略法とは?

『運の方程式』の要約まとめ:幸運をつかむ科学的な攻略法とは?

記事内に広告を含みます

『運の方程式』は、幸運に出会う確率を高める科学的な人生攻略法がわかる本。


人生をゲームにたとえて、どんな力を伸ばすと幸運をつかむ確率が上がるのか?がわかります。

幸運の方程式は次のとおりです。

幸運=(行動×多様+察知)×回復

多様な行動をたくさん実行して世界を探索し、攻略のヒントをキャッチし、失敗から学んですぐ回復する。それが幸運をつかむコツです。

★ 『運の方程式』 の要約ポイント★

 

・好奇心を持って多様な行動を起こす

 

・ヒントを察知する

 

・行動の質を高めて一点集中する

 

・失敗から学んですぐ立ち直る

アクションリストがたくさんあるので、できそうなところから少しずつやってみましょう。

この記事では 『運の方程式』 の要約を紹介します。

運の方程式』AmazonAudibleの無料体験で読めます。

 

✅30日間の無料体験で何冊でも聴き放題!

 

✅月額1500円(ビジネス書1冊で元が取れる)

 

✅手が離せないときに耳から学習できる

 

Audible(オーディブル)を無料でお試し!

要約①:好奇心を持って多様な行動を起こす

 

成功者の共通点の1つは、開放性の高さ・好奇心の強さです。

あらゆるジャンルに手を出して混沌を拡大することで、自分の強み・弱みがいろいろな角度から明確になります。

アメリカの物理学者ファインマンは、物理学以外にも絵画や音楽、異文化にも興味を持っており、「ファインマンと聞いて思い出してほしいのは、僕が好奇心いっぱいの人間であったということ、それだけだ」と言ったそうです。

 

好奇心を持つといっても何をしたらわからないときは、好奇心旺盛な人をマネすれば良いのです。

そのために、南メソジスト大学が開発した好奇心をインストールする50のアクションリストがあります。

<好奇心をインストールする50のアクションリスト>

 

・行ったことがない場所(レストラン、博物館、街、ライブなど)に行ってみる

 

・いつもは読まない本、聴かない音楽、観ない映画を選んでみる

 

・アーティスティックな活動(絵を描く、写真を撮るなど)をしてみる

 

・異なる文化を持つ人を見つけ、その文化について質問し、理解を深める など

ゲームにたとえると世界を探索している状態です。いつもの場所で、いつもの人と、いつもの行動をしているだけでは、世界が広がりません。

多様な行動を好奇心を持って行うことで、勇気をもって混沌を拡大していきましょう。

要約②:ヒントを察知する

 

目の前にあるヒントに気づく察知力も重要です。人間には、注意を払っていないものは目に入らないという脳の性質があります。

「もっと良いやり方はあるか?」、「自分に何ができるか?」と問いを持つことで、成績やパフォーマンスが上がります。問いの答えの量や質に関係なく、問いを持つだけで効果があります。

 

51万件の商談を機械学習した研究結果では、成功率の高い営業マンは多く質問していることがわかりました。

・成功率46%の営業マン→1~6問

・成功率74%の営業マン→11~14問

問いはメタ認知(自分を客観的に俯瞰して見る力)が鍛えられるので、察知力が高まります。

 

また、知的謙虚さも重要です。「もう知っている」と思っていると新しい情報は入ってきません。

知的謙虚さ:自分が間違っている可能性を考える

世の中、絶対と言い切れることはほとんどありません。つまり、「絶対に合っている」と確信があればあるほど、まちがっている確率も高いのです。

いつも「わたしが間違っているのでは?」という可能性を謙虚に考えるようにしましょう。

スポンサードリンク





 

要約③:行動の質を高めて一点集中する

 

多彩な行動をしながらヒントに気づく力を高めたところで、次は一点集中する時期に移ります。

世界の探索は行動量がものを言いますが、ある時点で行動の質を高める必要があります。

 

問題は何に一点集中するかですよね。その判断基準として、自分のモチベーションの源泉が自己と調和しているかを確認します。

4つのモチベーション

 

・外的モチベーション:人に言われたから、社会的に常識だから

 

・義務的モチベーション:優秀だと思われたい、自分の評価を守りたい

 

・統合モチベーション:価値を心から信じている、社会の役に立つ

 

・内発的モチベーション:行動そのものが楽しい

統合モチベーションと内発的モチベーションからの行動が、自己と調和している行動です。

今取り組んでいるアクティビティを書き出し、モチベーションごとの点数をつけます。統合と内発的モチベーションの合計点から、外的、義務的モチベーションの合計点を引いて、点数が高いものは自己調和ゴールに沿った一点集中すべき行動です。

要約④:失敗から学んですぐ立ち直る

 

最後に重要なのは回復力です。

行動量を増やせば不運も増えます。幸運だけ増やすことはできません。失敗からすぐ立ち直るスピード+失敗から学ぶ力がどちらも必要です。

回復力を鍛えるには、科学者マインドセットを持ちましょう。

科学者マインドセット:仮説と検証を繰り返す、失敗はデータポイントではない

科学者には、仮説と検証を繰り返して事実に近づくというマインドセットがあります。失敗ではなく仮説が間違っていることを証明しただけ、失敗も一歩進んでいるのと同義です。

失敗は成功までの通過点であり、自分の能力が足りないことの証拠ではありません。

 

今回紹介したのは、本に載っているアクションのごく一部です。幸運をつかみたい、そのための具体的なアクションを知りたい人はぜひ読んでみてくださいね。

『運の方程式』 を無料で読む方法

 

『運の方程式』は耳で聴けるオーディオブックがあります。

Amazon Audibleの無料体験を活用すれば、『運の方程式』を含めて12万冊以上が聞き放題です。

 

いつでも解約が可能で、気軽に耳からの読書をお試しできます。

Audible(オーディブル)を無料でお試し!

 

⇓⇓登録手順や解約手順はこちら!

【Amazon Audibleの無料体験はかんたん】12万冊以上の本が聞き放題で効率的に読書できる

スポンサードリンク





 

『運の方程式』 の次に読むなら?おすすめの本3選

 

『運の方程式』 とあわせて読みたい3冊を紹介します。

①『運気を磨く』

『運気を磨く』の著者、田坂広志さんは工学博士であり、幸運を引き寄せる法則がとても論理的にsつ名されています。

究極のポジティブな人生観、絶対肯定の思想はとても感銘を受けました。

参考記事:『運気を磨く』の要約まとめ:人生のすべてを絶対肯定する

②『the Long Game』

人生は長期的な戦略を持つことが重要。

短期的な成果や目の前の忙しさに埋没していては、本当にやりたいことを見失ってしまいます。

自分のやりたいことに一点集中し、忍耐力を持ってコツコツ取り組む心構えがわかります。

参考記事:『the Long Game』の要約まとめ:人生を長期的な視点で考える

③『その幸運は偶然ではないんです』

 

キャリア理論で有名なクランボルツ博士の、プランド・ハップンスタンス理論(計画された偶発性理論)がわかる本。

 

キャリアの緻密な計画を立てるよりも幸運の確率を上げる行動を取ろう!とすすめています。

想定外の出来事=自分のコントロール外にあることを心配したり把握したりしようとするよりも、自分にコントロールできることに集中するほうが幸運の確率は上がります。

<自分でコントロールできること>

 

・自分の行動

 

・経験に対する自分の反応

想定外の出来事が起きたとき、それをどう捉えるか・どう行動するかは自分でコントロール可能です。

参考記事:『その幸運は偶然ではないんです』の要約まとめ:クランボルツのプランド・ハップンスタンス理論

 

★今回紹介した本★


 

★読書好きな人におすすめのサービス★

Amazon Kindle Unlimitedで電子書籍を無料体験

Amazon Audibleで聴く読書を無料体験

 

電子書籍で多読したい!人にはAmazon Kindle Unlimited

定価より安くてコスパがいいです。

Amazon Kindle Unlimitedを無料体験

 

 

時間がないけど読書したい人にはAmazon Audible

手が離せないときにも耳で読書できます。

 

40万冊以上が登録されています。

無料体験後はいつでも解約可能です!

Audible(オーディブル)を無料でお試し!

 

⇓⇓登録手順や解約手順はこちら!

参考記事:【Amazon Audibleの無料体験はかんたん】12万冊以上の本が聞き放題で効率的に読書できる

 

★さくっとインプットしたいなら本の要約サービスflier(フライヤー)★

読み放題のゴールドプランが7日間無料で試せます。

参考記事:本の要約サービスflier(フライヤー)の料金プランはどれがおすすめ?【お得に試せる】