『20歳の自分に受けさせたい文章講義』の要約まとめ:伝わる文章を書く力が身につく

『20歳の自分に受けさせたい文章講義』の要約まとめ:伝わる文章を書く力が身につく

『20歳の自分に受けさせたい文章講義』は、伝わる文章の書き方がわかる本。

著者はライターの古賀文健さんです。

『嫌われる勇気』、『幸せになる勇気』のベストセラーを書かれています。

 

文章=”頭のぐるぐるを伝わる言葉に翻訳したもの”と定義し、

まだ言葉になっていない考えを伝わる文章としてアウトプットする方法がわかります。

★『20歳の自分に受けさせたい文章講義』の要約ポイント★

 

・文章はリズム(文体)で決まる

 

・文章の構成は可視化して考える

 

・読者の椅子に座ると届く文章が書ける

新書サイズで一生使える文章術が勉強できます。

センスや感性ではなく、誰でも再現性がある文章術である点がおすすめです。

この記事では『20歳の自分に受けさせたい文章講義』の要約を紹介します。

スポンサードリンク





 

要約①:文章はリズム(文体)で決まる

 

良い文章の条件として、まず著者は良い文体であることを挙げています。

文体とは文章のリズムです。

「村上春樹さんの文体が好き」などと言いますよね。

悪い文体:スラスラ読めない、ひっかかりがある=文のつながりがおかしい

 

良い文体:スラスラ読める、リズムが良い=論理的である

リズムが良いのはスラスラ読めるからであり、スラスラ読めるのは論理的な矛盾がないからです。

 

顔の表情や声のトーンで非言語的な情報を伝えられる話し言葉なら、厳密な論理性は求められません。

しかし、文字情報しか伝えられない書き言葉では、論理の矛盾がリズムの悪さを生み出します。

 

論理的かどうかは、文と文の間に接続詞が入るかで確認できます。

必ずしも接続詞を文章に採用する必要はなく、書いていないところに接続詞が入って論理的つながりがあるかを確認しましょう。

 

美しい文章よりも正しい文章を目指します。

美しいかどうかは主観的であり、正しいかどうかは客観的です。

 

文章で伝えたい内容=自分の意見は主観的なものであり、主観を伝えるためには伝え方は客観的に理解できるものである必要があります。

 

論理的な読みやすさである文体のほかに、視覚的な読みやすさも重要です。

<視覚的読みやすさ>

 

・たての圧迫感:句読点

 

・よこの圧迫感:改行

 

・文字の圧迫感:漢字とひらがなのバランス

句読点がいつまでも入らない文章は読みにくく、段落が変わらない文章も意味が掴みづらいです。

漢字ばかりの文章もひらがなばかりの文章も読みづらいでしょう。

 

人はパッと見で読みやすい文章かどうか判断します。

音としての読みやすさはまず読んでもらわなければ関係ありません。

音読のリズムの前に、視覚的に読みたくなる文章かも注意が必要です。
スポンサードリンク





 

要約②:文章の構成は可視化して考える

 

説明文では、序論ー本論ー結論の構成がもっとも使いやすいです。

序論:客観、俯瞰

 

本論:主観、自分の意見・仮説

 

結論:客観、俯瞰

まずは状況説明や背景を客観的な引きの画で説明します。

その上で自分の意見・仮説を寄りの画で語り、その意見を裏付けるような客観的な視点で結論を述べます。

 

序論ー本論ー結論は映像作品の絵コンテに例えられていました。

構成は視覚的に捉えて、客観・主観のカメラの位置を意識しながら可視化して考えます。

 

構成と実際の文章を書く作業は別物であり、構成を決めてから実際の文章を書き始めましょう。

 

文章には主張ー理由ー事実が3つ揃っていることを確認します。

なぜなら主張ー理由ー事実が揃っていると論理的だと感じるからです。

 

特に事実はめんどくさい細部まで描写するとリアリティが増します。

”いろいろな種類があります”、よりも、”〇〇、△△など全部で〇種類あります”のほうが信ぴょう性があります。

詳細を調べるひと手間が、文章のクオリティを左右するんですね。
スポンサードリンク





 

要約③:読者の椅子に座ると届く文章が書ける

 

あらゆる文章には読者がいます。読者の椅子に座ることで、読者に刺さる文章が書けます。

 

相手の立場に立って書く重要性は他の文章術の本でもよく言われますが、

本当に同じ椅子に座れるのは”昔の自分”か”特定のあの人”だけです。

 

そんなに対象を絞って大丈夫なのか?と思いますよね。

しかし、多数派よりも少数派の読者に絞ったほうが、顔が見えやすい分だけ届きやすい文章になります。

 

ターゲットを絞ると大胆な細かい描写ができ、仮に読者に同じ経験がなくても感情移入ができるのです。

”車好き”よりも”ランボルギーニ好き”向けのほうがエッジが立った文章が書けそうです。しかも、ランボルギーニが好きでなくてもおもしろく読めそう。

 

読者の椅子に座って書いた後、今度は第三者の椅子に座って伝わる文章になっているか確認します。

第三者とは、自分と価値観や見えている景色が違う人のこと。

 

一番身近に使えるのは「自分の親でもわかるか?」という視点で文章をチェックすることです。

親子ほど年代が違えば価値観も大きく変わります。

スポンサードリンク





 

『20歳の自分に受けさせたい文章講義』を無料で読む方法

 

『20歳の自分に受けさせたい文章講義』は耳で聴けるオーディオブックがあります。

Amazon Audibleの無料体験を活用すれば無料で読むことができます。

 

いつでも解約が可能です。無料体験中に解約すればコストはかかりません。

Audible(オーディブル)を無料でお試し!

 

⇓⇓登録手順や解約手順はこちら!

参考記事:【Amazon Audibleの無料体験はかんたん】12万冊以上の本が聞き放題で効率的に読書できる

『20歳の自分に受けさせたい文章講義』の次に読むなら?

 

『20歳の自分に受けさせたい文章講義』とあわせて読みたい2冊を紹介します。

①『地頭力を鍛える』

 

仮説思考、フレームワーク思考、抽象化思考をフェルミ推定で学べる本。

伝わる文章に大切な論理的思考力を鍛えられます。

 

思考力に必要な要素がまんべんなくまとまっています。

参考記事:『地頭力を鍛える』の要約まとめ:地頭力に必要な3つの思考とフェルミ推定

②『人を操る禁断の文章術』

 

『人を操る禁断の文章術』はメンタリストDaiGoさんの本。

読み手を動かすための文章のコツがわかります。

参考記事:『人を操る禁断の文章術』の要約まとめ:心理学・メンタリズムを使った人を動かす文章とは

 

その他、文章術の本はこちらにまとめています。

【文章術のおすすめ本を紹介】ネットで稼げるライティングスキルを身につけよう

スポンサードリンク





 

まとめ:伝わる文章力を身につけよう

・文章=”頭のぐるぐるを伝わる言葉に翻訳したもの”

 

・文章はリズム(文体)が大事!リズムが良い文章は論理的である

 

・文と文の間に接続詞が入るかチェックする

 

・視覚的な読みやすさを意識する(句読点、改行、漢字とひらがな)

 

・文章構成は序論ー本論ー結論でカメラアングルを切り替える

 

・読者を具体的にイメージして同じ椅子に座る

 

・第三者の椅子(たとえば親の視点)で誰にでも伝わる文章かを確認する

伝わる文章とは何か?の答えが見つかります。

ライターだけでなく、自分の考えをまとめるために書くことの重要性もわかりました。

 

★今回紹介した本★

 

★読書好きな人におすすめのサービス★

Amazon Kindle Unlimitedで電子書籍を無料体験

Amazon Audibleで聴く読書を無料体験

 

電子書籍で多読したい!人にはAmazon Kindle Unlimited

定価より安くてコスパがいいです。

Amazon Kindle Unlimitedを無料体験

 

 

時間がないけど読書したい人にはAmazon Audible

手が離せないときにも耳で読書できます。

 

40万冊以上が登録されています。

無料体験後はいつでも解約可能です!

Audible(オーディブル)を無料でお試し!

 

⇓⇓登録手順や解約手順はこちら!

【Amazon Audibleの無料体験はかんたん】課金前に解約しても1冊無料でもらえる!

 

★さくっとインプットしたいなら本の要約サービスflier(フライヤー)★

読み放題のゴールドプランが7日間無料で試せます。

参考記事:本の要約サービスflier(フライヤー)の料金プランはどれがおすすめ?【お得に試せる】