本『教える技術』の要約まとめ:行動科学を元にした再現性のある教え方とは?

本『教える技術』の要約まとめ:行動科学を元にした再現性のある教え方とは?

『教える技術』は部下・後輩を指導するときに知っておくべき教える技術がわかる本です。

行動に着目することで、誰が・いつ・どこで実践しても効果が上がります。

感情論を排して、科学的に望ましい行動を引き出すアプローチです。

★『教える技術』の要約ポイント★

 

・行動科学に基づく教える技術なら再現性がある

 

・行動を徹底的に分解して具体的に言語化する

 

・ABCモデルで行動を強化する

上司ー部下やOJT教育にはもちろん、子どもに教えるときにも役立つ内容です。

この記事では、『教える技術』の要約と感想を紹介します。

スポンサードリンク





 

『教える技術』の要約

『教える技術』の要約ポイントは次のとおりです。

★『教える技術』の要約ポイント★

 

・行動科学に基づく教える技術なら再現性がある

 

・行動を徹底的に分解して具体的に言語化する

 

・ABCモデルで行動を強化する

1つずつ詳しく紹介します。

 

要約①:行動科学に基づく教える技術なら再現性がある

 

『教える技術』で紹介されているのは、人間の行動に着目した科学的なマネジメント方法です。

だから教える側・教えられる側の性格に関係なく、効果が出る方法と言えます。

 

「やる気が足りないから仕事が遅い」などの根拠のない感情論ではなく、

行動を観察して望ましい行動に変えていきます。

 

自己流の教え方をしていると、相性の問題が出てきますよね。

上司は部下を選べないし、部下も上司を選べません。

望ましい行動ができない  ⇒望ましい行動ができるように教える

 

望ましくない行動をしている⇒望ましい行動に変える

 

行動に注目すれば測定して分析しやすく、

フィードバックするときもほめやすい・指摘しやすいです。

 

たとえネガティブなフィードバックでも、

部下の人間性や存在を否定せずに行動を指摘すれば伝えやすいでしょう。

スポンサードリンク





 

要約②:行動を徹底的に分解して具体的に言語化する

教える技術で重要なことが2つあります。

・行動を徹底的に細かく分解する

 

・具体的に言語化する

 

何も知らない人に教えるには、指示が大きすぎる・曖昧すぎることが多いです。

「きちんと確認して」

⇒「提出前にこのチェックリストの項目に沿って確認して」

 

「定期的に報告して」

⇒「最低週に1回メールで報告して。トラブルがあったらすぐに電話で報告して」

知識や経験の差があれば、曖昧な言葉の認識がズレていても不思議はありません。

 

”迅速に”、”しっかり”、”きちんと”、”丁寧に”など、

よく使ってしまうけれど曖昧な言葉を明確に言語化しましょう。

 

要約③:ABCモデルで行動を強化する

行動を促すには行動の後にポジティブな結果を得ることが重要です。

 

1番取り入れやすいのはほめること。

「全然ほめるところがない…」と感じたら、確実に達成できる課題で成功体験をさせます。

 

行動を強化するABCモデルは下記のとおりです。

誘発要因として数値目標を掲げている会社は多いですが、

それだけでは行動は変わりません。

 

望ましい行動したらなるべく早くほめる!を心がけましょう。

 

ほめる(叱る)のどちらにしても、

信頼関係のある人に言われるから結果として機能します。

 

何と言ってほめる(叱る)か?ではなく、「誰がほめる(叱る)か?」が重要なのです。

日頃の信頼関係が教えるときの土台ですね。
スポンサードリンク





 

『教える技術』の感想:心に残ったポイント

 

『教える技術』を読んで、個人的に心に残ったポイントを紹介します。

 

「わかりました!」をあてにしない

「わかりました!」と答えても、実際にはわかっていないことが多々あります。

・「わかりません」と言い出せなかった

 

・わかったか/わかっていないかがわからない

 

・間違えて理解していた

本当にわかったか確かめる方法として、

復唱させる/レポートを書かせる/成功・失敗パターンを考えさせる

の3つが紹介されていました。

 

時間がないときは復唱させるのが有効です。

 

時間があれば指導内容を要約させたり、

自分の仕事にどう活用したら成功で、どうなったら失敗なのかを考えさせたりします。

「今日教えたことをあなたの仕事で生かす場合、どうすれば成功すると思う?」、「こういう活用の仕方をすると、失敗すると思う?」できればそれぞれについてそのポイントと理由を説明してもらってください。こうして”成功のイメージ”と”やってはいけないこと”をしっかり言葉にさせることで、「わかる」から「できる」への移行をある程度促すことができるはずです。

適切な問いの投げかけ方を知っているのも教える技術の1つかもしれません。

 

教える部下との信頼関係が土台

”教えてあげている”という態度はすぐに伝わります。

信頼関係があってこそ、教える技術は効果を発揮するのです。

 

『教える技術』では、信頼関係を築くコツもたくさん紹介されています。

<部下と信頼関係を築くコツ>

 

・部下の目標や価値観を把握する(キャリアプランなど)

 

・プライベートな話題から始める(とりとめのない話題でOK)

 

・人間性がわかる自己開示をする(趣味、好きな本、出身など)

 

・失敗談を共有して共感を得る    など

プライベートな話はNGなのかな?と思っていましたが、リモートワークが増えた今、雑談も意識的にしないと無味乾燥なやり取りになってしまいますね。

 

コミュニケーションの量は離職率と反比例するそうです。

部下といつ・どのくらい会話したかを記録することがすすめられていました。

 

(前略)部下と「いつ・何分くらい」会話をしたかを、手帳に記録することを私は企業のリーダーたちに対して提案しています。

この記録をつけること、つまり”計測”が非常に重要だと、私は考えています。

コミュニケーションの記録を実践したら散々な結果になるな…と思った人も多いのではないでしょうか?
スポンサードリンク





 

『教える技術』を無料で読む方法

 

『教える技術』は耳で聴けるオーディオブックがあります。

 

Amazon Audibleの無料体験を活用すれば、

『教える技術』を含めて12万冊以上が聞き放題です。

 

いつでも解約が可能で、気軽に耳からの読書をお試しできます。

Audible(オーディブル)を無料でお試し!

 

⇓⇓登録手順や解約手順はこちら!

【Amazon Audibleの無料体験はかんたん】課金前に解約しても1冊無料でもらえる!

『教える技術』の次に読むなら?おすすめ本3選

 

『教える技術』とあわせて読みたい3冊を紹介します。

 

①『リーダーのための行動分析学入門』

 

行動分析学に興味がある人は『リーダーのための行動分析学入門』がおすすめ。

個人の資質や性格に原因を求めず、行動に注目して成果につながる行動変容を促します。

参考記事:『リーダーのための行動分析学入門』の要約:性格ではなく行動に着目する

②『絶対達成する人は「言葉の戦闘力」にこだわる』

 

リーダーはいかに言葉を大切にすべきかがわかる本。

言葉の定義を正しく理解して使うことで、言葉に責任が生まれて戦闘力を持つようになります。

あいまいなまま使う言葉ではあいまいなことしか伝わりません。

参考記事:『絶対達成する人は「言葉の戦闘力」にこだわる』の要約:言葉の定義を正しく理解しているか?

 

③『自分の頭で考えて動く部下の育て方』

 

上司1年目の人に向けて自分で考えて動く部下の育成術がわかる本です。

 

指示待ち部下を嘆く前に、自分の指導方法を見直してみましょう。

どうやって仕事を教えればいいか悩める人に最適です。

参考記事:『自分の頭で考えて動く部下の育て方』の要約:教えすぎると考えない【上司1年目の教科書】

スポンサードリンク





 

まとめ:『教える技術』で誰でも望ましい行動を引き出せる

・『教える技術』は人間の行動に着目した再現性のある方法を紹介

 

・教えるポイントは行動を徹底的に分解することと具体的に言語化すること

 

・”きちんと”、”しっかり”など曖昧な言葉は使わない

 

・ABCモデルを理解して、望ましい行動には良い結果(ほめる)を返す

 

・教える側-教わる側の信頼関係が土台になっている

200ページ足らずで読みやすい本ですが、

実践してみたいことがたくさん見つかりました。

 

ビジネスだけでなく、子育てでも使えそうです!

 

★今回紹介した本★

 

信頼関係構築や相手の話を聞くなど、コーチングとの共通点が多かったです。

コーチングに興味がある方は⇓こちらの記事も合わせて参考にしてくださいね。

参考記事:コーチング初心者におすすめの本4選:傾聴スキルや心理的安全性に関する本も紹介

 

★読書好きな人におすすめのサービス★

Amazon Kindle Unlimitedで電子書籍を無料体験

Amazon Audibleで聴く読書を無料体験

 

電子書籍で多読したい!人にはAmazon Kindle Unlimited

定価より安くてコスパがいいです。

Amazon Kindle Unlimitedを無料体験

 

 

時間がないけど読書したい人にはAmazon Audible

手が離せないときにも耳で読書できます。

 

40万冊以上が登録されています。

無料体験後はいつでも解約可能です!

Audible(オーディブル)を無料でお試し!

 

⇓⇓登録手順や解約手順はこちら!

【Amazon Audibleの無料体験はかんたん】課金前に解約しても1冊無料でもらえる!

 

★さくっとインプットしたいなら本の要約サービスflier(フライヤー)★

読み放題のゴールドプランが7日間無料で試せます。

参考記事:本の要約サービスflier(フライヤー)の料金プランはどれがおすすめ?【お得に試せる】