『THE THREE HAPPINESS 精神科医が見つけた3つの幸福』の要約まとめ:幸せには順番があった

『THE THREE HAPPINESS 精神科医が見つけた3つの幸福』の要約まとめ:幸せには順番があった

『THE THREE HAPPINESS 精神科医が見つけた3つの幸福』は脳内で幸福物質が分泌されている状態を幸福と定義し、幸福を感じる方法を教えてくれる本。

著者は精神科医の樺沢紫苑さん。『インプット大全』などたくさん本を出されています。

”幸せ=幸福を感じる物質が出ている状態”という、とてもシンプルな定義づけが新鮮で、おもしろかったです。

★『THE THREE HAPPINESS 精神科医が見つけた3つの幸福』要約ポイント★

 

・幸せの三段重理論(セロトニン/オキシトシン/ドーパミン的幸福)

 

・3つの幸せには優先順位がある

 

・3つの幸福を得る方法

セロトニン的幸福 :すでにある幸せに気づく

オキシトシン的幸福:共感・信頼・寄り添いの人間関係をつくる

ドーパミン的幸福 :オキシトシン的幸福とセットにする

幸せになるにはセロトニン的幸福、オキシトシン的幸福が土台です。

ドーパミン的幸福は最後ですよ!

この記事では『THE THREE HAPPINESS 精神科医が見つけた3つの幸福』の要約を紹介します。

スポンサードリンク





 

要約①:幸せの三段重理論

『THE THREE HAPPINESS 精神科医が見つけた3つの幸福』では、幸せ=”脳内で幸福物質が出た状態”と定義されています。

 

幸福物質が出る条件に合致する行動を取っていれば幸せになれるはず、ということ。

幸せは人によって千差万別な定義がありそうですが、生物である以上、幸福物質が出ていれば幸福に感じるはず、という理屈はうなづけました。

ドーパミン、セロトニン、オキシトシンが十分に分泌されている状態で、私たちは幸福を感じる。つまり、脳内で幸福物質が出た状態が幸せであり、幸福物質を出す条件というのが幸せになる方法であると言えます。

 

幸福物質には3つの種類があり、そして幸せになるための優先順位があります。

それを説明したのが幸せの三段重理論です。

『the three happiness 精神科医が見つけた3つの幸福』幸せの三段重理論

ドーパミン的幸福とは、達成した喜びです。

社会的成功、お金、勝利などで分泌され、もっともっと!とさらに欲しがります。

 

ギャンブルなど依存症の原因になると言われますが、意欲のもととなる脳内ホルモンです。

 

オキシトシン的幸福とは、つながりや愛、所属によって感じる幸せのこと。

心を許せる家族や友人と一緒にいるときの楽しい気持ちや安心感を思い出してみましょう。

 

セロトニン的幸福とは、心と身体の健康のこと。

当たり前すぎて気づいていない人もいるかもしれません。

スポンサードリンク





 

要約②:3つの幸せには優先順位がある

 

幸せの三段重理論がセロトニン的幸福から始まっているように、幸福は下から順に積み上げていく必要があります。

つまり、セロトニン的幸福→オキシトシン的幸福→ドーパミン的幸福の順です。

 

社会的に成功してお金持ちの人でも、心と身体の健康を害せば幸せはあっという間に感じられなくなります。自分が健康でなければ、友人づきあいも楽しめません。

セロトニン的幸福はすべての土台、セロトニン的幸福なしで幸せになることは極めて難しいでしょう。

 

また、世間では成功していると言われていても、誰とも分かり合えない孤独感がある人はオキシトシン的幸福が足りていないと言えます。

家族や友人との時間を犠牲にして仕事に没頭してきた人が、定年退職後に気づいたら家族はいないし友人もいなかった…というのは幸福とはほど遠いですよね。

 

人生の多くの時間を仕事に費やしていた時代なら、ドーパミン的幸福を追求していても運よく心身が健康で家族も支えてくれる幸せな人生を送れたかもしれません。

 

しかし、人生100年時代と言われるなか、セロトニン的幸福やオキシトシン的幸福を築く重要性が高まっています。

スポンサードリンク





 

要約③:3つの幸福を得る方法

 

『THE THREE HAPPINESS 精神科医が見つけた3つの幸福』には、3つの幸せを得る具体的な方法がたくさん紹介されています。

 

その中から特に重要だと感じたポイントと具体的なアクションを紹介します。

・セロトニン的幸福 :すでにある幸せに気づく

 

・オキシトシン的幸福:共感・信頼・寄り添いの人間関係をつくる

 

・ドーパミン的幸福 :オキシトシン的幸福とセットにする

セロトニン的幸福:すでにある幸せに気づく

セロトニン的幸福は、すでにある幸せに気づいて予防を行うことが重要です。

心と身体の健康は失ってからはじめて大切さに気づく人が多いですよね。

 

自己洞察力を高めて、自分の健康状態や心の状態をチェックします。

今ある幸せに焦点を合わせることで、過去の後悔や将来への不安から距離を取ることができるでしょう。

【具体的なアクション】マインドフルネス朝散歩

 

・今ここに集中しながら朝の散歩をする(15~30分)

 

・一歩一歩を意識して体の動きに集中する

 

・自然(空気、青空、緑など)を感じる

 

・考え事や音楽を聴きながらはNG

マインドフルネス朝散歩をしながら、自分の健康や心の状態もチェックできます。

(今日は足が重いな、散歩に行くのがめんどくさいな等)

 

さらに、気づいた幸せをアウトプットする(日記に書く、ひとり言を言う)のが効果的です。

「今楽しい」、「今日楽しい」が毎日積みあがると幸せな人生になります。しかし、日々の「今楽しい」、「今日楽しい」という感覚は、アウトプットしないと忘れてしまうのです。私たちの脳は、膨大な外部情報でもみくちゃにされているからです。

 

オキシトシン的幸福:共感・信頼・寄り添いの人間関係をつくる

共感・信頼・寄り添いの人間関係をつくることで、オキシトシン的幸福を得られます。

 

人脈や人間関係は勝手にできるものではなく、努力してつくるものです。

時間や労力などのリソースをかけて行動することが必要であり、リソースは有限なので、優先順位を決めましょう。

 

オキシトシン的幸福のための人間関係は、量よりも質です。

誰でもいいわけではなく、価値観が合う人だけとつながればストレスが減るでしょう。

 

趣味やスポーツの集まりなど、共通の目的を持つコミュニティなら仲間意識を持ちやすいです。

 

親しい関係を維持するのは10人未満が最適であり、家族→友人→職場の順で大切にします。

職場の人間関係が最悪だと悩む人がいますが、

優先順位が低い人間関係で悩む時間がもったいない!

【具体的なアクション】感謝ワーク&日記

 

・1日3回感謝する(「ありがとう」と口に出す)

 

・いろいろな親切を行う

 

・感謝したことを日記に書く

感謝をして記録することは、数々の本でも勧められている方法です。

 

免疫力アップ、メンタルヘルスの向上、他者に寛容になる、人間関係が良好になる等、

たくさんの効果があります。

スポンサードリンク





 

ドーパミン的幸福:オキシトシン的幸福とセットにする

ドーパミン的幸福は、長続きしないという欠点があります。

同じ刺激では幸福が薄れてきて、「もっともっと」と求めてしまうのです。

 

ちなみに、セロトニン的幸福やオキシトシン的幸福は、同じ刺激でも同じように幸福が感じられます。

青空を見て気持ちがいい、赤ちゃんを見てかわいいという気持ちは、飽きることがないですよね。

 

ドーパミン的幸福を長く得るためのポイントは、オキシトシン的幸福とセットにすることです。

つまり、成功や達成の喜びに感謝をプラスすることで、長続きする幸福に変えることができます。

【具体的なアクション】お金に対して感謝の気持ちを持つ

 

例:1万円の商品が売れてうれしい → お客様、取引先、従業員、社会などに感謝

”1万円の商品が売れてうれしい”に感謝をプラスしなければ、それは100%ドーパミン的幸福になってしまいます。

ドーパミン的幸福なら、次は2万円、5万円と売れなければ同じ幸福は得られません。

 

しかし、”1万円の商品が売れてうれしい”に感謝をプラスすると、1万円の商品が売れることは当たり前ではない感覚になります。

・買ってくれたお客様への感謝

 

・材料を下ろしてくれる取引先や届けてくれる流通業者への感謝

 

・一緒に働いてくれる従業員への感謝

 

・その土地で商売させてもらっている社会への感謝

 

・仕事をさせてもらっている家族への感謝 など

効果が逓減してしまうドーパミン的幸福だけに頼ると、終わりのない幸福の追求に陥ります。

今ある幸せ、ありがたいという気持ちをセットにすることが、依存しやすいドーパミンの負の側面から脱出する方法です。

『THE THREE HAPPINESS 精神科医が見つけた3つの幸福』を無料で読む方法

 

『THE THREE HAPPINESS 精神科医が見つけた3つの幸福』は耳で聴けるオーディオブックがあります。

Amazon Audibleの無料体験を活用すれば読み放題対象の本を無料で読むことができます。

 

いつでも解約が可能で、気軽に耳からの読書をお試しできます。

Audible(オーディブル)を無料でお試し!

 

⇓⇓登録手順や解約手順はこちら!

【Amazon Audibleの無料体験はかんたん】12万冊以上の本が聞き放題で効率的に読書できる

『THE THREE HAPPINESS 精神科医が見つけた3つの幸福』の次に読むなら?おすすめ本3選

 

『THE THREE HAPPINESS 精神科医が見つけた3つの幸福』とあわせて読みたい3冊を紹介します。

①『幸福の資本論』

 

幸福の条件を自由/自己実現/共同体=絆と定義し、

その3つに対応した資本に基づいて幸せになる戦略を立てようという本。

 

自分はどの資本を増やせばよいか?が見直せます。

必ずしもお金だけあれば幸せではない、

自己実現や人とのつながりも大事だとわかります。

参考記事:『幸福の資本論』の要約まとめ:3つの資本を増やして幸せになる戦略がわかる

②『「レジリエンス」の鍛え方』

 

レジリエンスとは、困難や逆境からの回復力のこと。

優秀なビジネスマンが長く成果を上げ続けるために、レジリエンスが必要だと言われています。

 

レジリエンスの具体的な鍛え方、レジリエンスが高まる考え方がわかる本です。

参考記事:『「レジリエンス」の鍛え方』の要約まとめ:逆境や困難から立ち直る7つの方法

③『神メンタル』

 

セロトニン的幸福には、メンタルの状態を良好に保つことが欠かせません。

楽しく目標達成に向かえるメンタルの保ち方がわかります。

参考記事:【要約】神メンタルで思い通りの人生を手に入れる方法!未来の自分で生きる

スポンサードリンク





 

まとめ:幸せの土台を積み上げよう!

・幸福物質にはセロトニン/オキシトシン/ドーパミンの3つがある

 

・幸せはセロトニン⇒オキシトシン⇒ドーパミンの順に積み上げる

 

・セロトニン的幸福とは心と身体の健康状態が良好なこと

 

・オキシトシン的幸福とは愛やつながりを感じられる人間関係があること

 

・ドーパミン的幸福とは達成感や成功のこと

 

・ドーパミンは効果が逓減して「もっともっと」とより強く欲する

 

・セロトニン、オキシトシンは同じ刺激でも幸福を感じられる

 

・今ある幸せに気づけるとセロトニン的幸福が増す

 

・1日3回感謝して記録に残すと人間関係が良好になる

健康のありがたさに気づく、感謝を言葉に出して記録する等、

かんたんなアクションで幸せになれます。

 

わたしも感謝ワークをはじめて、もっと幸せに気づきやすくなった気がします!

 

★今回紹介した本★

 

★読書好きな人におすすめのサービス★

Amazon Kindle Unlimitedで電子書籍を無料体験

Amazon Audibleで聴く読書を無料体験

 

電子書籍で多読したい!人にはAmazon Kindle Unlimited

定価より安くてコスパがいいです。

Amazon Kindle Unlimitedを無料体験

 

 

時間がないけど読書したい人にはAmazon Audible

手が離せないときにも耳で読書できます。

 

40万冊以上が登録されています。

無料体験後はいつでも解約可能です!

Audible(オーディブル)を無料でお試し!

 

⇓⇓登録手順や解約手順はこちら!

【Amazon Audibleの無料体験はかんたん】12万冊以上の本が聞き放題で効率的に読書できる

 

★さくっとインプットしたいなら本の要約サービスflier(フライヤー)★

読み放題のゴールドプランが7日間無料で試せます。

参考記事:本の要約サービスflier(フライヤー)の料金プランはどれがおすすめ?【お得に試せる】