ジャック・ウェルチ『ウィニング 勝利の経営』の要約まとめ:リーダーシップと仕事選び

ジャック・ウェルチ『ウィニング 勝利の経営』の要約まとめ:リーダーシップと仕事選び

『ウィニング 勝利の経営』は、20世紀最高の経営者と言われるジャック・ウェルチさんの経営哲学がわかる本。

人材採用・育成、戦略やキャリアなど、よく聞かれる質問についての答えがまとめられています。

★『ウィニング 勝利の経営』の要約ポイント★

 

・リーダーシップ8つのルール

 

・自分に合う仕事/合わない仕事のシグナルをキャッチする

特にリーダーシップと仕事選びについてまとめました。

この記事では『ウィニング 勝利の経営』の要約を紹介します。

スポンサードリンク





 

要約①:リーダーシップ8つのルール

 

『ウィニング 勝利の経営』ではジャックウェルチさんの経験から導き出したリーダーシップの8つのルールが紹介されています。

1:リーダーはチームの成績向上をめざして一生懸命努力する。あらゆる機会を捉えて、チームのメンバーの働きぶりを評価し、コーチし、自信を持たせる。

 

2:部下にビジョンを理解させるだけでは不十分だ。リーダーは部下がビジョンにどっぷりと浸るようにさせなくてはならない。

 

3:リーダーはみんなの懐に飛び込み、ポジティブなエネルギーと楽天的志向を彼らに吹き込む。

 

4:リーダーは率直な態度、透明性、信用を通じて、信頼を築く。

 

5:リーダーは人から嫌われるような決断を下す勇気、直感に従って決断をする勇気を持つ。

 

6:リーダーは猜疑心と言い換えてもよいほどの好奇心で、部下に質問し、プッシュして、部下が行動で答えるようにさせる。

 

7:リーダーはリスクをとること、学ぶことを奨励し、自ら率先して手本を示す。

 

8:リーダーは派手にお祝いする。

8つのうち、3つを選んで詳しく紹介します。

リーダーはチームの成績向上をめざして一生懸命努力する

リーダーの時間とエネルギーはメンバーが成果を出すためのサポートに投入すべきです。

具体的には次の3つのサポートがあります。

・評価する

 

・コーチする

 

・自信を持たせる

評価は賞罰のためだけでなく、メンバーの強みが発揮される仕事に就けるように引き上げたり、時には異動させたりするために行います。

 

メンバーが結果を出せるようにコーチし、励ましの言葉や心から気にかけていることがわかる言葉をかけます。

 

大事なプレゼンのときや人事評価のときだけに声をかけるのではなく、毎日が人材育成のチャンスです。

機会あるごとに部下の仕事ぶりに応じて自信を持たせてあげよう。出し惜しみせずに褒めよう。褒めるのは具体的であればあるほどいい。

 

リーダーはみんなの懐に飛び込み、ポジティブなエネルギーと楽天的志向を彼らに吹き込む

リーダーの気分は伝染します。

 

行動を生きがいとして変化を喜ぶポジティブなエネルギーを持っていること、

エネルギーを人に与えられることを人材採用で大切にしているそうです。

リーダーの仕事は、落ち込もうとする重力の力と戦って持ち上げることだ。

 

部下と一定の距離を保つスタイルのリーダーもいますが、それでは仕事が仕事以上のものになりません。

 

リーダーは派手にお祝いする

祝うことで達成感を得られます。

何かを達成しても次から次に仕事が降ってくれば、常に新しい仕事に追われてやる気も失われるでしょう。

祝ってあげれば人は勝利を手に入れた気分になる。互いに認め合い、ポジティブなエネルギーに溢れた環境を作り出すことができる。

 

偉大なことでなくても、小さなことでも頻繁に称え合ってお祝いする会社はきっと雰囲気も良いでしょうね。

 

優秀なリーダーの表面的な特徴だけ見れば、優しい人もいれば厳しい人もいます。

しかし、それは表れ方の違いであり、内面では8つのルールが共通しています。

スポンサードリンク





 

要約②:自分に合う仕事のシグナルをキャッチする

 

自分に合った仕事の探し方は、多くの人に質問されることの1つだそうです。

 

事前にいくら調べても自分に合った仕事かを知ることはできません。

自分に合う仕事の見つけ方は、実際にやってみるしかないのです。

何を言いたいかといえば、ある職がその後のあなたのキャリアをどう変えるかを知るのは不可能だということだ。

 

仕事に就いたら、自分に合った仕事かどうかを振り返り、仕事選びの精度を上げていきます。

一つの職について、その仕事の何が好きで何が嫌いか、自分にはどんな能力があり、何ができないのかを知る。そして仕事を変えながら、自分に合った仕事に近づいていく。それをつづけているうちにある日突然、あ、とうとうぴったりの仕事を見つけたぞ、とわかるのだ。

 

自分に仕事が合うかどうかのシグナルをキャッチしましょう。

シグナルは次のようなものがあります。

・人間関係:仲間と同じ感覚で働けるか

 

・チャンス:どれだけ学べるか、成長できるか

 

・選択の自由:その会社で働くことが実績になるか

 

・誰のために働くか:自分の考えか、それとも家族の意向で選んだのか

 

・仕事の内容:意義を感じられるか、ワクワクするか

特に人間関係は我慢せず、自分に合った人たちと働くことが重要です。

 

たとえば、人間関係が合わないことを我慢してA社で長年働いた後に転職すると、

転職先からはA社の価値観に合った人と見られる可能性が高まります。

 

最高の仕事を見つけたいと思うのなら、あなたが大好きな何かを選ぶこと、好きな人と働くこと、そして全力を注ぐことだ。

そうすれば、確実にすばらしい仕事にめぐり合える。そして、仕事は趣味になる。

趣味みたいに仕事を楽しめたら最高ですね!

『ウィニング 勝利の経営』の次に読むなら?

 

『ウィニング 勝利の経営』とあわせて読みたい3冊を紹介します。

①『リーダーシップ・チャレンジ』

 

数千ものリーダーシップ体験の研究からわかった、リーダーシップの核となる5つの実践がまとめられています。

 

リーダーに必要な姿勢とマインドがわかります。

参考記事:『リーダーシップ・チャレンジ』の要約:リーダーシップの核となる5つの実践とは?

②『「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方』

 

人格を磨けばリーダーは誰にでもなれる!と背中を押してくれる本。

リーダーの立ち振る舞いやコミュニケーションがわかります。

参考記事:『「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方』の要約まとめ:第5水準のリーダーシップ

③『転職の思考法』

 

『転職の思考法』は、市場価値とやりたいことの軸の決め方がわかります。

 

市場価値の高い場所に身を置くために未来を先回りすることが必要。

どこにいるかの重要性を痛感する本です。

参考記事:『転職の思考法』の要約まとめ:市場価値の軸とやりたいことの軸を考える

スポンサードリンク





 

まとめ:伝説の経営者が仕事の悩みに答えてくれる本

・リーダーはメンバーが成果を出せるように全力でサポートする

 

・毎日が人材育成のチャンス!励ましや気にかけているとわかる言葉をかける

 

・行動と変化にポジティブなエネルギーを持ち、人に分け与える

 

・小さなことでもお祝いしてみなで称え合う

 

・事前にキャリアを計画するのは不可能

 

・実際にやってみて自分に合うかどうかのシグナルをキャッチする

2005年発行の少し古い本ですが、リーダーシップや人材育成で大切なことは変わらないのだとわかりました。

人に時間と労力を使うこと、近道はないんですね!

 

★今回紹介した本★

 

★読書好きな人におすすめのサービス★

Amazon Kindle Unlimitedで電子書籍を無料体験

Amazon Audibleで聴く読書を無料体験

 

電子書籍で多読したい!人にはAmazon Kindle Unlimited

定価より安くてコスパがいいです。

Amazon Kindle Unlimitedを無料体験

 

 

時間がないけど読書したい人にはAmazon Audible

手が離せないときにも耳で読書できます。

 

40万冊以上が登録されています。

無料体験後はいつでも解約可能です!

Audible(オーディブル)を無料でお試し!

 

⇓⇓登録手順や解約手順はこちら!

【Amazon Audibleの無料体験はかんたん】課金前に解約しても1冊無料でもらえる!

 

★さくっとインプットしたいなら本の要約サービスflier(フライヤー)★

読み放題のゴールドプランが7日間無料で試せます。

参考記事:本の要約サービスflier(フライヤー)の料金プランはどれがおすすめ?【お得に試せる】