『天才はディーププラクティスと1万時間の法則でつくられる』の要約まとめ

『天才はディーププラクティスと1万時間の法則でつくられる』の要約まとめ

『天才はディーププラクティスと1万時間の法則でつくられる』は、天才をつくるための練習方法がわかる本です。

ディーププラクティス(深い練習)を繰り返して脳の回路を最適化することで、

常人には考えられないパフォーマンスを発揮します。

 

生まれつきの才能があるのではなく、才能をつくる努力を惜しまない人が天才になれるのです。

★要約ポイント★

 

・ミエリン(脳の絶縁体)で脳の回路を最適化

 

・ディーププラクティスの3つのルール

 チャンクアップ/繰り返す/感覚を身につける

 

・「わたしにもできる!」でやる気に火をつける

ミエリンの存在を初めて知りました。

子どもの習い事や自分のスキルアップに対する考え方が変わります。

この記事では『天才はディーププラクティスと1万時間の法則でつくられる』の要約を紹介します。

スポンサードリンク





 

要約①:ミエリン(脳の絶縁体)で脳の回路を最適化

 

天才は、ある分野について最適化された脳の回路を持っています。

瞬時にパターンを見極めて高速処理することで、天才と言われるほどのパフォーマンスを発揮するのです。

 

脳の回路を最適化するのに重要な役割を果たすのが、ミエリンという脳の絶縁体です。

ミエリンが不要な回路を遮断して電気信号の強さとスピード、正確性を高めます。

 

脳の回路の最適化は短期間では起こりません。

脳の回路の最適化には長期間のディーププラクティスが必要です。

ディーププラクティス:やや上のレベルで失敗し、スピードを落として深く学ぶ

自分が難なくできることを繰り返しても、ディーププラクティスにはなりません。

苦しい、ストレスがかかる、でも難しすぎないちょうど良いレベル(スイートスポット)での練習を繰り返します。

最適なレベル設定をしてくれるコーチがいるとさらに効果的!

 

やや上のレベルの練習では当然、失敗もします。

失敗しないなら、レベルが低すぎるということです。

 

失敗した箇所に意識を向けることで脳の回路が発火します。

ゆっくりと間違えたところを丁寧に学ぶことで、ミエリンによる回路の最適化が少しずつ起こります。

 

ブラジルサッカーが強くなった理由

ブラジルでサッカーが強くなった理由の1つとして、フットサルによるディーププラクティスがあります。

1936年ごろからブラジルにフットサルが広まったそうです。

<サッカーと比べたフットサルの特徴>

 

・1分間に6倍ボールを触る

 

・時間的/空間的プレッシャーが大きい

サッカーを小さな箱に押し込めて、凝縮して練習できるのがフットサルでした。

フットサル経験者はボールの扱い方がうまく、パスコースを見つけるのが得意な傾向があります。

 

それは、フットサルで瞬時の判断力、狭い空間でのボール回しをディーププラクティスしたからだ、と著者は分析しています。

スポンサードリンク





 

要約②:ディーププラクティスの3つのルール

 

ディーププラクティスには3つのルールがあります。

チャンクアップ/繰り返す/感覚を身につける

1つずつ詳しく紹介します。

ルール①:チャンクアップ

スキルは小さな塊が集まって大きな塊をつくっています。

 

盤面を見ずに同時並行でチェスを打てる天才の記憶力は、実際のプレーの場面でしか発揮されませんでした。(適当にコマを配置した場面の記憶では、一般人と同じくらいのレベル)

 

チェスゲームにおいて重要な部分を認識して意味づけしているから、意味が見いだせない適当な配置の盤面ではディーププラクティスの成果が活かせなかったのです。

スキルというのは重要な要素を認識し、それを意味のある枠組みにグループ化することから構成される。

 

1つの大きなかたまりを見ることと、できるだけ細かく分解することのどちらも重要です。

細かい要素を確実に正確に再現でき、それが全体のスキルとして結合してスキルになります。

ルール②:繰り返す

ミエリンは生体組織なので、30日間発火させないとスキルは消失してしまいます。

 

天才は起きてから寝るまでずっと練習していると思いきや、1日3~5時間の練習が多いという研究があります。

意識を向けた練習が必要であり、なんとなく決まったメニューをこなすだけでは回路が形成されません。

 

ディーププラクティスを毎日繰り返すことが重要です。

ルール③:感覚を身につける

ディーププラクティスは、目標を決めて取り組み、失敗から学ぶことの繰り返しです。

失敗から学ぶためには、目標と現在地の距離を測る必要があります。

 

そのために、目標からどのくらい遠いかを測る感覚が重要です。

目標との違いを不快の感覚(なんか気持ち悪い)で感じられれば、目標に向けたディーププラクティスができます。

スポンサードリンク





 

要約③:「わたしにもできる!」でやる気に火をつける

 

ミエリンが脳の最適回路を形成するには、長期間のディーププラクティスの積み重ねが不可欠です。

 

ディーププラクティスはコンフォートゾーン(楽にできるレベル)を抜け出したストレッチゾーンに取り組むので、途中で挫折しないようにやる気を維持しなければなりません。

 

そのときに重要なのが、「わたしにもできる!」という自信・明確な意識です。

「わたしにもできる!」と信じる気持ちの大切さは、バニスター効果でわかります。

バニスター効果

「人間が1マイル4分以内で走るのは無理だろう」と言われるなか、

イギリス生まれのロジャー・バニスターは、1954年に1マイル4分を切って走りました。

 

バニスターが4分を切ると、次々と4分を切る選手が現れます。

急に能力が上がったわけではなく、「人間が1マイル4分以内で走るのは無理だろう」という思い込みが壊れたからです。

 

バイオリンの無料レッスンの事例もおもしろかったので紹介します。

 

バイオリンの無料レッスンを始めたところ、ある地域では希望者全員を参加させることができましたが、ある地域ではバイオリンの数が足りずに抽選になりました。

レッスンの内容は同じ、地域による住民の違いも見られないのに、抽選になった地域のレッスンに参加した生徒のほうが上達したそうです。

 

抽選になったことにより「わたしはラッキー、わたしは選ばれた」という意識を持ってレッスンに臨んだためだと結論づけられています。

気持ちの持ちようがどれだけ大切かがわかります。
スポンサードリンク





 

『天才はディーププラクティスと1万時間の法則でつくられる』を無料で読む方法

 

『天才はディーププラクティスと1万時間の法則でつくられる』は耳で聴けるオーディオブックがあります。

 

Amazon Audibleの無料体験を活用すれば、『天才はディーププラクティスと1万時間の法則でつくられる』を含めて12万冊以上が聞き放題です。

 

いつでも解約が可能で、気軽に耳からの読書をお試しできます。

Audible(オーディブル)を無料でお試し!

 

⇓⇓登録手順や解約手順はこちら!

【Amazon Audibleの無料体験はかんたん】12万冊以上の本が聞き放題で効率的に読書できる

『天才はディーププラクティスと1万時間の法則でつくられる』の次に読むなら?

 

『天才はディーププラクティスと1万時間の法則でつくられる』とあわせて読みたい3冊を紹介します。

①『超一流になるのは才能か努力か?』

 

生まれ持った才能ではなく、努力によって脳や身体が適応することによって才能になるという内容。

遺伝的な才能があったとしても努力を継続することが才能の開花に必要です。

 

『天才はディーププラクティスと1万時間の法則でつくられる』と同じ研究結果も取り上げられているので、あわせて読むとさらに理解が深まります。

参考記事:『超一流になるのは才能か努力か?』の要約まとめ:才能を身につけるための限界的練習とは?

②『複利で伸びる1つの習慣』

 

習慣の作り方が網羅的にわかる本です。

小さな習慣も長期間継続していれば複利で効果が積み重なって大きな成果になります。

 

ディーププラクティスのように、長期間取り組みたいことがある人におすすめです。

参考記事:『複利で伸びる1つの習慣』の要約まとめ:小さな習慣の積み重ねが大きな成果をもたらす

③『リミットレス 超加速学習』

 

能力開発や学び方を学ぶメタ学習の本です。

 

知能や能力は生まれつきのものではなく、

自分が脳にどのような刺激を与えるかで変化させることができます。

参考記事:メタ学習におすすめの本『リミットレス 超加速学習』の要約:自分の限界を超える

スポンサードリンク





 

まとめ:ディーププラクティスが天才をつくる

・才能をつくる努力を惜しまない人が天才になれる

 

・ディーププラクティス(深い練習)を繰り返して脳の回路を最適化する

 

・脳の絶縁体ミエリンが電気信号の正確性/強さ/速さを強める

 

・苦しい、ストレスがかかる、でも難しすぎないレベルで練習する

 

・ディーププラクティスのコツ

 ーチャンクアップ/繰り返す/感覚を身につける

 

・「わたしにもできる」という明確な意識がやる気に火をつける

才能の伸ばし方を知っているかどうかで大きな差が出ます。

子育てにも活かせそうですね!

 

★今回紹介した本★

 

★読書好きな人におすすめのサービス★

Amazon Kindle Unlimitedで電子書籍を無料体験

Amazon Audibleで聴く読書を無料体験

 

電子書籍で多読したい!人にはAmazon Kindle Unlimited

定価より安くてコスパがいいです。

Amazon Kindle Unlimitedを無料体験

 

 

時間がないけど読書したい人にはAmazon Audible

手が離せないときにも耳で読書できます。

 

40万冊以上が登録されています。

無料体験後はいつでも解約可能です!

Audible(オーディブル)を無料でお試し!

 

⇓⇓登録手順や解約手順はこちら!

【Amazon Audibleの無料体験はかんたん】課金前に解約しても1冊無料でもらえる!

 

★さくっとインプットしたいなら本の要約サービスflier(フライヤー)★

読み放題のゴールドプランが7日間無料で試せます。

参考記事:本の要約サービスflier(フライヤー)の料金プランはどれがおすすめ?【お得に試せる】