『常識の1ミリ先を考える』の要約まとめ:刺さる企画や情報発信をするための着眼点とは?

『常識の1ミリ先を考える』の要約まとめ:刺さる企画や情報発信をするための着眼点とは?

『常識の1ミリ先を考える』はヒットする企画を考えるための着眼点がわかる本

ベストセラーを生み出してきた編集者の著者が、本の企画の立て方を詳しくレクチャーしてくれます。

商品企画やイベント企画、情報発信など、人の心に刺さるアイデアや届け方のコツが学べます。

★『常識の1ミリ先を考える』の要約ポイント★

 

・企画力=他人が見えていないことが見える、気づけること

 

・時代の流れは正確に読めなくても準備して待ち構える

 

・潜在的ニーズを捉えて1秒で興味を引く

本ができるまでの裏側も知ることができるので、

出版に興味がある人にもおすすめ!

この記事では『常識の1ミリ先を考える』の要約を紹介します。

スポンサードリンク





 

要約①:企画力=他人が見えていないことが見える

 

企画力とは、他人が見えていないことが見える・気づけることです。

ほんの少しズラした着眼点=1ミリの差別化

タイトルの”常識の1ミリ先”とは、みんなが見えているもの(常識)から1ミリだけズラすという意味が込められています。

 

1ミリだけでなく、もっとズラしたほうが画期的なアイデアになりそう、と思いませんか?

しかし、”人は理解できないものを買わない”という原則があります。

 

何か買うときには、買った後に得られる効果や未来などへの期待を込めて買います。

ズラしすぎると理解できなくて期待がわきません。

 

著者が企画した本『なぜ社長のベンツは4ドアなのか?』で、1ミリずらす具体例が紹介されています。

『さおだけ屋はなぜつぶれないのか?』がベストセラー

→一般的な会計を身近な例でわかりやすく解説した本

 

一般的な会計を中小企業向けの会計にずらす

→『なぜ社長のベンツは4ドアなのか?』

 

他にも、外国人著者の本を同じテーマで日本人著者で企画する、

年代別やるべきことの本を”やるべきこと”と”してはいけないこと”を並べる形で企画する、

ニッチな業界の本をメジャーな業界にずらして企画する(洗脳→自己啓発)など、

1ミリずらす具体例がたくさん紹介されています。

 

自分でゼロからマーケットをつくるのは至難の業です。

誰も見つけていないブルーオーシャンには魚がいないかもしれません。

 

すでにヒットしているものを参考に、ずらすほうが確率は高くなります。

レッドオーシャンの中で切り口・着眼点を変えるほうが、失敗しにくいです。

マーケット選びの大切さがわかりました。
スポンサードリンク





 

要約②:時代の流れは準備して待ち構える

 

ヒットはタイミングが10割であり、トレンドが読めればヒットは作りやすいでしょう。

しかし、トレンドが読めないから難しいんですよね。

 

トレンドは読むことができませんが、準備して待ち構えることはできます。

なぜなら、人間の悩みは本質的に変わらないからです。

人間の根本的な悩みや関心事:人間関係、お金、健康、自己実現

 

(参考)HARMの法則は人間の悩みの9割をカバーすると言われています。

Health  :健康、外見

 

Ambition:社会的な成功

 

Relation :人間関係

 

Money    :お金

 

インターネットが普及して情報が溢れている中で、誰も知らない新しい情報はほとんどなく、新しい切り口があるだけです。

 

たとえば、コミュニケーションに関する本はたくさんありますが、言っていることは20年くらい前に発売された本と大して変わりません。

HSPの切り口、親との関係の切り口、Z世代の部下との切り口など、切り口を変えてたくさん出版されていて、けっこう売れていますよね。

 

トレンドは定期的にやってくるので、トレンドが来たときに乗れる準備をしておくのが大切です。

スポンサードリンク





 

要約③:潜在的ニーズを捉えて1秒で興味を引く

 

ほしいもの・必要なものを真正面から聞いても、本当に望んでいるものは答えに表れません。

なぜなら、本人も望んでいるものが言語化できていないからです。

 

目の前に提示されてはじめて、「こんなのがほしかった!」とわかります。

 

ヒットする企画やサービスは潜在的ニーズを捉えたものになっています。

潜在的ニーズを捉えるには、頭で考えてもわかりません。感じる力を鍛えることが必要です。

<感じる力を鍛える方法>

 

・初体験を取り入れる(行ったことがない場所、やったことがないこと等)

 

・定点観測(同じ曜日の同じ時間に同じ場所に行き、小さい変化に気づく)

 

いくら素晴らしい企画でも、興味を持ってもらう工夫が必要です。

読んでもらうから評価対象になるわけで、まずは目を留めてもらわなければ始まりません。

 

とにかく時間がなくて忙しい人が多いので、1秒で興味を引けること、パッと見た印象が勝負です。

・数字を入れる

 

・漢字/ひらがな/カタカナのバランス

 

・ギャップと疑問を利用(対比、なぜだろう?と思わせる)

 

・言い切る(~するな/~しなさい等)

ベストセラーのタイトルの特徴に当てはまりますね。

スポンサードリンク





 

『常識の1ミリ先を考える』を無料で読む方法

 

『常識の1ミリ先を考える』は耳で聴けるオーディオブックがあります。

 

Amazon Audibleの無料体験を活用すれば、『常識の1ミリ先を考える』を含めて12万冊以上が聞き放題です。

 

いつでも解約が可能で、気軽に耳からの読書をお試しできます。

Audible(オーディブル)を無料でお試し!

 

⇓⇓登録手順や解約手順はこちら!

【Amazon Audibleの無料体験はかんたん】12万冊以上の本が聞き放題で効率的に読書できる

 

kindle unlimitedの読み放題の対象なので、電子書籍も無料で読めます。

Kindle unlimitedを無料体験してみる

 

↓kindle unlimitedの登録方法はこちらの記事を参考にしてくださいね。

200万冊が読み放題!Kindle unlimitedの登録方法【初回30日間無料体験あり】

『常識の1ミリ先を考える』の次に読むなら?

 

『常識の1ミリ先を考える』とあわせて読みたい3冊を紹介します。

①『人を操る禁断の文章術』

 

『人を操る禁断の文章術』はメンタリストDaiGoさんの本。

 

セールスライティングのゴールは相手を動かすこと。

読者が興味を持つ要素がわかります。

参考記事:『人を操る禁断の文章術』の要約まとめ:心理学・メンタリズムを使った人を動かす文章とは

 

②『伝え方が9割』

 

人の心に響く強い言葉を作るヒントがわかる本。

 

ギャップをつくる、カラダの反応を描写して赤裸々にする、繰り返して印象を強めるなど、

誰でも使える簡単な方法が紹介されています。

参考記事:『伝え方が9割』を要約!強い言葉を作る5つの方法【センスではなく技術】

 

③『マーケターのように生きろ』

 

1ミリずらした差別化の方法や価値の伝え方がわかります。

相手の潜在的ニーズを理解して応える=マーケターのように生きるということです。

マーケターのように生きたら、仕事も人間関係もうまくいきそうですね!

参考記事:『マーケターのように生きろ』の要約まとめ:相手からはじめる生き方をしよう

スポンサードリンク





 

まとめ:1ミリずらして企画力を上げよう!

・企画力=他人が見えていないことが見える・気づけること

 

・理解できないものは買わない!1ミリだけズラす

 

・レッドオーシャンの中で切り口・着眼点を変える

 

・人間の悩みは本質的に変わらない

 

・潜在的ニーズを捉える感覚を磨く(初めての体験、定点観測)

 

・1秒で興味を持てるタイトル、見た目にこだわる

なぜその商品を手に取ったのかを言語化すれば、

潜在ニーズを捉える練習になりそうですね。

この本を読んでから、商品名や本のタイトルの見方が変わりました!

 

★今回紹介した本★

 

★読書好きな人におすすめのサービス★

Amazon Kindle Unlimitedで電子書籍を無料体験

Amazon Audibleで聴く読書を無料体験

 

電子書籍で多読したい!人にはAmazon Kindle Unlimited

定価より安くてコスパがいいです。

Amazon Kindle Unlimitedを無料体験

参考記事:200万冊が読み放題!Kindle unlimitedの登録方法【初回30日間無料体験あり】

 

時間がないけど読書したい人にはAmazon Audible

手が離せないときにも耳で読書できます。

 

40万冊以上が登録されています。

無料体験後はいつでも解約可能です!

Audible(オーディブル)を無料でお試し!

 

⇓⇓登録手順や解約手順はこちら!

【Amazon Audibleの無料体験はかんたん】12万冊以上の本が聞き放題で効率的に読書できる

 

★さくっとインプットしたいなら本の要約サービスflier(フライヤー)★

読み放題のゴールドプランが7日間無料で試せます。

参考記事:本の要約サービスflier(フライヤー)の料金プランはどれがおすすめ?【お得に試せる】