『未来に先回りする思考法』の要約まとめ:原理から考えると変化の流れがわかる

『未来に先回りする思考法』の要約まとめ:原理から考えると変化の流れがわかる

『未来に先回りする思考法』は、テクノロジーの変化の流れを認識して少し先の未来を予測する方法がわかる本。

 

自分の人生に活かすには、未来に先回りしてどう意思決定するかが重要です。

『第4章 未来に先回りする意思決定法』の内容を中心にポイントをまとめました。

★『未来に先回りする思考法』の要約ポイント★

 

・原理から考える

 

・テクノロジーの現在地を知る

 

・リソースをそろえてタイミングよく乗る

未来に先回りするために原理を理解することが大切であり、

そのために時間を使える人がチャンスを得ることができます。

この記事では『未来に先回りする思考法』の要約を紹介します。

スポンサードリンク





 

要約①:原理から考える

 

未来に先回りするためには、テクノロジーの流れを理解することが欠かせません。

なぜなら、テクノロジーは1つの発明が次の発明を誘発するため、加速度的に進歩するからです。

コンピューター、インターネット、電話の発明の上にスマホが生まれる。

 

本、インターネット、タブレットやスマホの発明の上に電子書籍が生まれる。

原理から考えるとは、今の状態だけでなく、過去からの流れ・長期的な線で考えること。

 

今後どうなるか?は、なぜそのテクノロジーが生まれたか?という原理を理解し、

それが今も最適解なのか?を考えます。

 

今のテクノロジーややり方に疑いを持たず、盲目的に効率化していくのは思考停止です。

 

ガラケーがスマホにディスラプション(破壊)されたように、

気づいたら新しいテクノロジーに一掃されていた…という事態になりかねません。

自分の仕事やスキルが時代遅れになっていないか、これからも必要とされるのかは、

テクノロジーの流れを知っていつも注視しないといけませんね。

スポンサードリンク





 

要約②:テクノロジーの現在地を知る

 

原理から知るためには、テクノロジーの現在地を知ることです。

”知る”には4つの段階があります。

①使える

 

②ポテンシャルがわかる

 

③原理からわかる

 

④実際のつくり方がわかる

 

たとえば、コンピューターで言えば…

①インターネットを閲覧できる

 

②文書作成や動画編集、プログラミングなどができると知っている

 

③なぜコンピューターが生まれてどんな課題を解決したかわかる

 

④実際にコンピューターを組み立てられる

差が出るのは③が理解できているかどうかです。

 

とりあえず使える、何ができるか知っているという段階から一歩進んで、

テクノロジーが生まれた背景や解決した課題まで考えます。

 

そうすれば、テクノロジーが今後どうなるのか?これからも必要なのか?が見えてくるでしょう。

要約③:リソースをそろえてタイミングよく乗る

 

未来に先回りしても、行動を起こさないと実際には何も変わりません。

行動を起こすためには準備とタイミングが重要です。

 

『未来に先回りする思考法』では電車に例えられていました。

リソース :切符を持っていること

 

タイミング:電車が来るときにホームにいること

 

電車   :チャンス

より遠くまで行ける電車を見極めて、その電車が来るときまでに準備を整えてホームで待ちます。

あまり早くから待ちすぎているとリソースが尽きてしまうかもしれませんし、遅すぎたら満員で乗れないかもしれません。

 

周囲の反応でタイミングを探りながら、自分のリソースと相談して参入タイミングを計ります。

目安として、マスメディアが報道していたら遅く、

80%以上が知らないと早いくらいだそうです。

 

リソースが豊富にあるなら少し参入が遅くても巻き返せますが、

リソースが少ないなら早く参入して先行者利益を取っておく必要があります。

 

『未来に先回りする思考法』は、思考法というタイトルですが、

著者は行動の重要性を強調していました。

 

行動して新しい結果・考える素材を手に入れ、認識をアップデートすることで、

先回りする精度も上がります。

 

認識が誤っている可能性やわからないことをわからないと認める姿勢を持ち、

実験を繰り返しましょう。

 

社会は効率の低いところから高いところに流れる、という大きな流れがあります。

 

1人の人間が新しい流れをつくるのは極めて難しく、決まった流れを早めるだけとも言えます。

コロナはリモートワークやデジタル化の流れを急速に推し進めました。

 

人間のできることは新しい流れをつくることではなく、

流れを読んで加速させることなのかもしれません。

人が未来をつくるのではなく、未来のほうが誰かに変えられるのを待っているのです。

適切なタイミングでリソースをそろえた人間がその成果を手にします。

スポンサードリンク





 

『未来に先回りする思考法』を無料で読む方法

 

『未来に先回りする思考法』は耳で聴けるオーディオブックがあります。

 

Amazon Audibleの無料体験を活用すれば、

『未来に先回りする思考法』を含めて12万冊以上が聞き放題!

 

いつでも解約が可能で、気軽に耳からの読書をお試しできます。

Audible(オーディブル)を無料でお試し!

 

⇓⇓登録手順や解約手順はこちら!

【Amazon Audibleの無料体験はかんたん】12万冊以上の本が聞き放題で効率的に読書できる

『未来に先回りする思考法』の次に読むなら?

 

『未来に先回りする思考法』とあわせて読みたい3冊を紹介します。

①『転職の思考法』

 

『転職の思考法』は、市場価値とやりたいことの軸の決め方がわかります。

 

市場価値の高い場所に身を置くために未来を先回りすることが必要。

どこにいるかの重要性を痛感する本です。

参考記事:『転職の思考法』の要約まとめ:市場価値の軸とやりたいことの軸を考える

②『21Lessons』

 

現代とはどういう時代で人類はどういう課題に直面しているのかがテーマの本。

自由主義という物語が信じられなくなっている現代で、

次はどういった価値観が選ばれるのか考えさせられます。

参考記事:21Lessonsの要約&目次紹介!21世紀の課題と瞑想で自分を観察する意味【感想】

③『LIFE SHIFT』

 

『LIFE SHIFT』は人生100年時代の生き方・働き方がテーマです。

マルチステージの基本戦略がわかります。

参考記事:【LIFE SHIFT(ライフシフト)の要約】人生100年時代のマルチステージの生き方とは? 

スポンサードリンク





 

まとめ:原理から理解すると少し先の未来が見える

・テクノロジーの流れを理解すると少し先の未来が見える

 

・なぜそのテクノロジーが生まれたのか?を考えよう

 

・1つの方法を妄信して効率を上げることは思考停止である

 

・先回りした未来を見据えて行動を起こそう

 

・リソースがそろっていることとタイミングが重要

 

・周囲の反応でタイミングを見計らう

 

・流れを変えることはできないが、流れを早めることはできる

テクノロジーの進歩が早く、職業より一個人のほうが長生きする時代です。

 

自分が時代に取り残されないように、

新しく誕生したテクノロジーに興味を持つ・一歩深く理解する姿勢を心がけましょう。

 

★今回紹介した本★

 

★読書好きな人におすすめのサービス★

Amazon Kindle Unlimitedで電子書籍を無料体験

Amazon Audibleで聴く読書を無料体験

 

電子書籍で多読したい!人にはAmazon Kindle Unlimited

定価より安くてコスパがいいです。

Amazon Kindle Unlimitedを無料体験

 

 

時間がないけど読書したい人にはAmazon Audible

手が離せないときにも耳で読書できます。

 

40万冊以上が登録されています。

無料体験後はいつでも解約可能です!

Audible(オーディブル)を無料でお試し!

 

⇓⇓登録手順や解約手順はこちら!

【Amazon Audibleの無料体験はかんたん】課金前に解約しても1冊無料でもらえる!

 

★さくっとインプットしたいなら本の要約サービスflier(フライヤー)★

読み放題のゴールドプランが7日間無料で試せます。

参考記事:本の要約サービスflier(フライヤー)の料金プランはどれがおすすめ?【お得に試せる】