『AI分析でわかったトップ5%社員の習慣』の要約まとめ:プロセスより目的を考える

『AI分析でわかったトップ5%社員の習慣』の要約まとめ:プロセスより目的を考える

『AI分析でわかったトップ5%社員の習慣』は仕事ができるトップ5%社員に共通する行動がわかる本。

1万8000人もの会社員の行動をAI分析して、仕事ができる社員の共通点をまとめています。

できる社員のヒミツを知りたい人におすすめです。

★『AI分析でわかったトップ5%社員の習慣』の要約ポイント★

 

・トップ5%社員はプロセスより目的を重視する

 

・トップ5%社員は弱みを見せる

 

・トップ5%社員は計画より行動にこだわる

”トップ5%社員は年に平均48冊の本を読み、95%社員は年2冊しか読まない”、”トップ5%社員は95%社員に比べて笑顔の時間が1.4倍長い”など、おもしろいデータがたくさん出てきます。

この記事では『AI分析でわかったトップ5%社員の習慣』の要約を紹介します。

スポンサードリンク





 

要約①:トップ5%社員はプロセスより目的を重視する

 

トップ5%社員は常に目的に向かって行動しています。

どんなに過程をがんばっても、その努力が結果につながらなければ意味がありません。

トップ5%社員:成果が出たときの達成感

 

残り95%社員  :作業の充実感

トップ5%社員は資料を作成するときに、相手に伝わって行動を起こすかどうかを意識します。

その目的を達成するためなら、資料はできるだけカンタンにできるほうが生産性が高いです。

 

95%社員はできるだけ完璧な資料、見栄えが良い資料を作ろうとし、目的に対して時間をかけ過ぎている傾向がありました。

そして、資料作成をがんばったこと自体に充実感を覚えてしまいます。

調査によると、経営会議資料をつくるために80時間かけており、

資料の20%は誰の目にも触れないのだとか。

 

誰も見ない資料作りに使っている時間はムダですね。

 

余計な資料を作ってしまうのは、途中でフィードバックをもらっていないからです。

トップ5%社員は頻繁に他人に意見をもらいに行きます。

 

求められる品質を見極めてから作業するので効率が良いのです。

この仕事の目的はなにか?を常に意識して、

自分の作業が目的達成のために必要かどうか考えましょう。

スポンサードリンク





 

要約②:トップ5%社員は弱みを見せる

 

トップ5%社員は弱みを見せることを恐れません。

 

自分にはわからないことがある、学ぶことがたくさんあるという姿勢を持っているので、

人からも経験からも多くを学びます。

 

トップ5%社員というと、有能で常に忙しそう・近づきがたい印象があるかもしれませんが、実際には人あたりが良く、謙虚な人が多いです。

トップ5%社員は95%社員に比べて笑顔の時間が1.4倍、感謝の言葉の量は3.2倍も多かったのだとか…

 

トップ5%社員のよく使う言葉は「今ちょっといい?」です。

 

フィードバックをもらうことを重視しているので、

心理的安全性を大切にして積極的に人とコミュニケーションを取ります。

心理的安全性:他人の評価や反応を気にせず、率直に意見を言えること

心理的安全性を高めるためには、相手を否定しない・自己開示をすることが重要。

ミーティング冒頭に数分の短い雑談を挟む人が多いです。

スポンサードリンク





 

要約③:トップ5%社員は計画より行動にこだわる

トップ5%社員は細かい計画よりも行動にこだわります。

まず目的を意識したら、大まかな計画とチェックポイントを設定してすばやく行動に移るのです。

チェックポイントで目的に向かって進んでいるか確認し、必要なら軌道修正をします。

 

完璧な計画を立てるのは時間がかかり、予測不可能な事態が起こることがほとんどなので、途中の振り返りと修正力が大切です。

 

トップ5%社員は失敗=学びの機会と捉えています。

完璧主義やゼロリスク志向(リスクがゼロになってから行動)を捨てて、小さく行動と振り返りを繰り返します。

 

トップ5%社員は1週間に15分ほど、内省の時間を取っている人が多かったです。

行動して振り返り、気づきを次に活かすというセルフPDCAを回しています。

スポンサードリンク





 

『AI分析でわかったトップ5%社員の習慣』を無料で読む方法

 

『AI分析でわかったトップ5%社員の習慣』は耳で聴けるオーディオブックがあります。

 

Amazon Audibleの無料体験を活用すれば、

『AI分析でわかったトップ5%社員の習慣』を含めて12万冊以上が聞き放題!

 

いつでも解約が可能で、気軽に耳からの読書をお試しできます。

Audible(オーディブル)を無料でお試し!

 

⇓⇓登録手順や解約手順はこちら!

【Amazon Audibleの無料体験はかんたん】12万冊以上の本が聞き放題で効率的に読書できる

『AI分析でわかったトップ5%社員の習慣』の次に読むなら?

 

『AI分析でわかったトップ5%社員の習慣』とあわせて読みたい3冊を紹介します。

①『コンサル一年目が学ぶこと』

 

ビジネスの基本スキルがまとまった本です。

PREP法などの伝え方や生産性の高さにつながる仕事術がわかります。

『コンサル一年目が学ぶこと』の要約:ビジネスパーソン必須の普遍的スキルまとめ

②『「レジリエンス」の鍛え方』

 

レジリエンスとは、困難や逆境からの回復力のこと。

優秀なビジネスマンが長く成果を上げ続けるために、レジリエンスが必要だと言われています。

 

レジリエンスの具体的な鍛え方、レジリエンスが高まる考え方がわかる本です。

参考記事:『「レジリエンス」の鍛え方』の要約まとめ:逆境や困難から立ち直る7つの方法

③『イシューから始めよ』

 

本当に解決すべき問題(=イシュー)は何か?を見極める重要性を説いた本。

プロセスよりもまず問題設定をすることで、生産性が上がります。

 

ちょっと難しいのですが、45万部突破のベストセラー!

解説Youtubeなども多いのでぜひ読んでみることをおすすめします。

参考記事:『イシューからはじめよ』は難しいけどおすすめの本!【要約でポイントを紹介】

スポンサードリンク





 

まとめ:トップ5%社員の行動をマネしよう!

・トップ5%社員は目的を意識して行動する

 

・トップ5%社員は成果の達成感を、95%社員は作業の充実感を感じる

 

・トップ5%社員は「今ちょっといい?」とフィードバックを積極的に求める

 

・トップ5%社員は緻密な計画より速さを重視して、小さく行動と振り返りを繰り返す

 

・トップ5%社員は内省の時間を取ってセルフPDCAを回している

トップ5%社員の習慣をマネしてみたくなる本です。

どういう仕事の仕方やふるまいが仕事の成果につながるのかがわかりやすくまとまっています。

 

★今回紹介した本★

 

★読書好きな人におすすめのサービス★

Amazon Kindle Unlimitedで電子書籍を無料体験

Amazon Audibleで聴く読書を無料体験

 

電子書籍で多読したい!人にはAmazon Kindle Unlimited

定価より安くてコスパがいいです。

Amazon Kindle Unlimitedを無料体験

 

 

時間がないけど読書したい人にはAmazon Audible

手が離せないときにも耳で読書できます。

 

40万冊以上が登録されています。

無料体験後はいつでも解約可能です!

Audible(オーディブル)を無料でお試し!

 

⇓⇓登録手順や解約手順はこちら!

【Amazon Audibleの無料体験はかんたん】課金前に解約しても1冊無料でもらえる!

 

★さくっとインプットしたいなら本の要約サービスflier(フライヤー)★

読み放題のゴールドプランが7日間無料で試せます。

参考記事:本の要約サービスflier(フライヤー)の料金プランはどれがおすすめ?【お得に試せる】