『東大読書』の要約まとめ:情報を知識に変える読書のやり方【本との対話が重要】

『東大読書』の要約まとめ:情報を知識に変える読書のやり方【本との対話が重要】

『東大読書』は、現役東大生の著者が思考力を鍛えるための読書法を解説した本。

ひと言でいえば、本を能動的に読む・対話しながら読む方法です。

著者は偏差値35から2浪して東大に入ったそうです。

本の読み方を変えたことで、思考力を重視する東大入試に対応できるようになったのだとか。

★『東大読書』の要約ポイント:5つのステップ★

 

①準備  :装丁読みと仮説作り

 

②取材読み:質問しながら読む

 

③整理読み:ひと言で要約すると?

 

④検証読み:2冊の本を読み比べる

 

⑤議論読み:アウトプットで知識を定着させる

「本を読んでいるけど内容をすぐ忘れてしまう」、「読書が身になっている気がしない」

という人におすすめの1冊です。

 

本から得た情報を自分で使える知識に変えるための読書法がわかります。

この記事では『東大読書』の要約とやり方を紹介します。

スポンサードリンク





 

①準備:装丁読みと仮説作り

 

まず、本をいきなり読むのはやめましょう。

準備として装丁読みと仮説作りを行います。

 

まず装丁読みとは、タイトル・帯・著者など本の装丁から得られる情報で主張を推測します。

装丁読み:装丁から得られる情報から本の主張を推測する

 

「このタイトルだとこんな主張が来るのかな?」、

「著者は大学教授だから理論的な話がメインかな」、

「他の著作からすると、〇〇には賛成の意見らしいな」など、

装丁からいろいろと推測できます。

 

その推測が合っているかな?という観点で読み始めると、

ただ受け身で読むよりもずっと能動的に読むことができます。

 

また、本を読む前に仮説作りもしておきましょう。

仮説作り:ゴールと現在地を設定する

 

ゴールとは本を読む目的です。この本を読むことによって何が知りたいかを明確にします。

現在地とは、読む分野における自分の知識の状態です。

どんな状態からどんな状態になりたいかを設定してから読み始めましょう。

②取材読み:質問しながら読む

 

本を読むときは読者としてではなく、記者として読みます。

 

記者として読むとは、本に相槌を打ったり質問・疑問をぶつけたりしながら読むということです。

質問・疑問は忘れないように、ふせんに書いて見開きに貼っておくと便利。

<取材読みの質問例>

 

「本当にそうなのか?」、「なぜそう言えるのか?」、

「どうやって実現するのか?」、「そのデータはどう算出したのか?」など

取材をするときは発言内容だけでなく、発言者自身の感情や意図を考えて聞きますよね。

 

読書も同じように、著者の感情や意図を想像しながら読むと、

ただの文章に感情の色がついて流れが読みやすくなります。

 

質問の答えは本を読み進めてわかるものもあれば、わからないものもあるでしょう。

その場合は自分で調べて自分なりの回答を立ててみます。

もちろん、それが合っているかは確認できませんが、

自分で調べて自分なりの回答を作る行為が思考力を高めるのです。

スポンサードリンク





 

③整理読み:ひと言で要約すると?

読書でいちばん注意することは”わかった気になる”ことです。

わかった気になっていないか確かめるには、要約できるか確認します。

整理読み:「本全体をひと言で表すとどういうこと?」という質問に答える

内容をわかっている=要約できるということです。

 

要約は本の一部を切り取って表現するのではなく、

本全体から著者の言いたかったことを理解してまとめる必要があります。

 

何が言いたかったことで、何が主張を肉付けしている根拠や例示なのかを読み取れないと、

全体を要約することはできません。

 

要約の精度を他者に評価してもらうとより上達が早いです。

 

twitterの140字という制限を利用して、

本の要約を140字以内にまとめて投稿する方法が紹介されていました。

ちょっと勇気が要りますが、人の目に触れる場所でのアウトプットは重要ですね。

④検証読み:2冊の本を読み比べる

 

検証読みとは、2冊の本を同時並行で読むことです。

2冊は同じテーマでちょっと違う本を選びます。

 

たとえばトランプ政権がテーマの本だったら・・・

・トランプ政権を高く評価する本と低く評価する本

 

・トランプ政権の本とトランプ政権時代の国際情勢を解説している本

 

・トランプ政権の本とアメリカの近現代史の本 など

同じテーマについて意見が対立する本、視点が違う本、時間軸が違う本などが

検証読みに適しています。

 

1冊ずつ読むほうが頭に入りそうですよね。

しかし、2冊同時に読むメリットは次のようにたくさんあります。

・意見の偏りを防ぐ

 

・多面的に理解できる

 

・知識が定着する

本は1人の著者や同じ意見を持った人たちで書かれているので意見の偏りがあります。

同じテーマの本を複数読むことで、1人の著者では気づかなかった観点を知ることができます。

 

さらに、新しい文脈の中で再度同じ情報に触れると記憶に定着しやすいです。

「ここにも同じことが書いてある!」と発見したときはたしかに記憶に残りますね。

 

検証読みのポイントは、共通点と相違点を探しながら読むことです。

本の内容を鵜呑みにせず、批判的に自分の頭で考えて読むことができます。

スポンサードリンク





 

⑤議論読み:アウトプットで知識を定着させる

 

本に書いてあるのはあくまで情報であり、「その情報にどんな意味があってどう使えるのか?」まで理解してこそ自分の知識になります。

 

自分の知識にするためには、相互性が重要です。

インプットだけでは知識にならず、アウトプットして意見交換することで知識が深まります。

インプット3:アウトプット7を意識しましょう。

 

具体的なアウトプットとしては、次のような方法があります。

・同じ本を読んだ人と議論する(読書会など)

 

・本を読む前に立てた仮説の答え合わせをする

 

・新しい帯を考えてみる

インターネットの普及のおかげで、同じ本を読んだ人がかんたんに見つけやすくなりました。

 

自分の意見をアウトプットするのは勇気が要るかもしれませんが、

他者の評価を通るからこそ自分の足りていない部分がわかります。

ぜひ読書後のアウトプットを習慣にしてみましょう!

『東大読書』を無料で読む方法

 

『東大読書』は耳で聴けるオーディオブックがあります。

Amazon Audibleの無料体験を活用すれば、『東大読書』を含めて12万冊以上が聞き放題です。

 

いつでも解約が可能で、無料体験中に解約すればコストはかかりません。

Audible(オーディブル)を無料でお試し!

 

⇓⇓登録手順や解約手順はこちら!

【Amazon Audibleの無料体験はかんたん】課金前に解約しても1冊無料でもらえる!

『東大読書』の次に読むなら?おすすめ本3選

 

『東大読書』とあわせて読みたい3冊を紹介します。

①『読書の技法』

 

著者の佐藤優さんは元外務省主任分析官であり、月300冊以上を読む読書家だそうです。

超速読/速読/熟読を使い分けて、読むべき本を絞り込むのがポイント。

参考記事:『読書の技法』の要約まとめ:真に読む本を見極める超速読術

②『レバレッジリーディング』

 

『レバレッジリーディング』は投資としての読書方法(多読)を紹介した本。

本は全部読まない、本を読まないから時間がない、本は読み終わったら捨てる等、

読書に対する考え方が変わること間違いなしです。

参考記事:『レバレッジリーディング』の要約まとめ:読書を投資にする方法【多読のススメ】

③『リミットレス 超加速学習』

 

読書法に限らず、学び方を学ぶメタ学習の本です。

 

知能や能力は生まれつきのものではなく、

自分が脳にどのような刺激を与えるかで変化させることができます。

参考記事:メタ学習におすすめの本『リミットレス 超加速学習』の要約:自分の限界を超える

スポンサードリンク





まとめ:本を能動的に読んで、情報を知識に変えよう

・本から得た情報を知識にするには本と対話しながら読む

 

・装丁読みで本の外観(タイトル、帯、著者など)から情報収集する

 

・読む前に目的地と現在地を設定して仮説を持つ

 

・質問や疑問を持ちながら、読者ではなく記者として読む

 

・本の内容がわかる=ひと言で全体を要約できる

 

・同じテーマで少し違う本を並行して読んで視野を広げる

 

・読んだ後にアウトプットすると情報が知識に変わる

読書で思考力を鍛える方法がよくわかる本でした。

唯一の欠点は、この読み方だと1冊読むのにとても時間がかかること。

だから読む本をどう選ぶかが重要です。

本の選び方は『東大読書』の第二部に書かれているので、

ぜひ読んでみてくださいね!

 

★今回紹介した本★

 

★読書好きな人におすすめのサービス★

Amazon Kindle Unlimitedで電子書籍を無料体験

Amazon Audibleで聴く読書を無料体験

 

電子書籍で多読したい!人にはAmazon Kindle Unlimited

定価より安くてコスパがいいです。

Amazon Kindle Unlimitedを無料体験

 

 

時間がないけど読書したい人にはAmazon Audible

手が離せないときにも耳で読書できます。

 

40万冊以上が登録されています。

無料体験後はいつでも解約可能です!

Audible(オーディブル)を無料でお試し!

 

⇓⇓登録手順や解約手順はこちら!

【Amazon Audibleの無料体験はかんたん】課金前に解約しても1冊無料でもらえる!

 

★さくっとインプットしたいなら本の要約サービスflier(フライヤー)★

読み放題のゴールドプランが7日間無料で試せます。

参考記事:本の要約サービスflier(フライヤー)の料金プランはどれがおすすめ?【お得に試せる】