新書で本せどりはできる?ブックオフで仕入れた販売例やリサーチのコツを紹介!

本せどりといえば、コミックや単行本を思い浮かべる人が多いかもしれません。

 

新書はあまりせどりをしている人が少ないです。

 

わたしがせどりを始めたときも、

新書せどりの情報はほとんどありませんでした。

 

新書でもせどりはできますが、利益は少なめなので効率よく仕入れるのが大切。

まずは単行本からはじめて、慣れてきたら新書も扱うのがおすすめの順番です。

 

この記事では、新書の本せどりの特徴とリサーチのコツ、ブックオフでの販売例を紹介します。

 

音声で聞きたい方はこちらからどうぞ!

 

★初心者歓迎!ココナラで本せどりの相談に乗ってます★

本せどりの相談受付中!ココナラでせどり初心者の悩みに答えています【営業・勧誘なし】

お悩み相談お待ちしてます!

 

スポンサードリンク





 

新書の本せどりの特徴

新書せどりの特徴は文庫に似ています。

つまり、回転率が良くて利益が少ない本が多いです。

 

 

110円で仕入れて700円前後で売る(利益300円ほど)イメージです。

 

もちろん、もっと高く売れる新書もありますが、

出会う確率はあまり高くありません。

 

2000円くらいで売れるのは年に5冊くらいですかね・・・

 

文庫せどりの特徴はこちらを参考にしてくださいね。

せどりで文庫本は稼げるの?利益を上げるリサーチのコツと販売例

新書せどりのリサーチのコツ

新書せどりは1冊あたりの利益が少ないので、効率的に仕入れるのが大切です。

ブックオフで仕入れるときのコツは3つあります。

 

 

コツ1:新しい本を狙う

1番仕入れやすいのは、発行が新しい本をリサーチすることです。

 

半年以内に発行された新書なら利益が取りやすいので、

新しい本を中心に見てみましょう。

 

発行が新しいかどうかはブックオフの値札でわかります。

 

⇓赤で囲まれているところ

ブックオフ値札の見方

 

新書は買い取りが多くて在庫の回転が早いので、

補充されたタイミングで仕入れに行けるとたくさん仕入れられます。

 

コツ2:利益が出やすいジャンルに絞る

新書に限らず、ニッチな分野を狙うのは本せどりの基本ですよね。

新書で利益が出やすいのは、健康ジャンルとスピリチュアル系です。

 

民間療法、占い、易学、気功、ツボなど、

ちょっと怪しい?感じの本がせどり的にはおすすめ。

 

コツ3:古い本や見たことのない出版社をチェック

古い本や見たことのない出版社は大きな利益が出やすいです。

 

ブックオフでは新書が出版社ごとに並んでいることが多いですが、

メジャーではない出版社は”その他”としてまとめられています。

 

”その他”の棚はよくチェックしましょう。

 

コツ2でおすすめした健康ジャンルとスピリチュアル系も、

あまり馴染みのない出版社や古い本が多いです。

 

コツ1の新しい本はところてん(値下げ)されている本が多いですが、

コツ3は元から安い本がよく見つかります。

(ブックオフに価格のデータがないみたいです)

 

新書せどりより単行本を先に取り組むのがおすすめ

 

新書せどりだけをやる・新書せどりから始めるのはおすすめしません。

 

新書せどりは薄利でも利益は出せますが、

単行本のほうが在庫が多くて仕入れやすいので利益が上げやすいです。

 

また、単行本の仕入れで得た知識(利益が出やすいジャンルやキーワード)は

新書せどりでも活かせます。

 

単行本に慣れたらついでに新書も見る、くらいのスタンスでちょうど良いでしょう。

 

スポンサードリンク





 

ブックオフで仕入れた新書の販売例

ブックオフで仕入れた新書の販売例を紹介します。

100円+税で仕入れることがほとんどです。

 

回転率がよいものはメルカリ、

回転率が悪くて売値が大きいものはAmazonで売っています。

 

まずは新しい本をリサーチしたものを紹介します。

 

有名な著者の最新刊は要チェック!

 

新しいものからチェックしていくと効率的です。

発売から3か月くらいで110円の棚に並ぶ本もあります。

 

新書でも哲学系はおすすめです。

 

新しい新書はまとめて仕入れることもできます。

 

発行が新しい本はビジネス系が多いです。

 

110円で仕入れて600~700円で売るのがボリュームゾーンです。

1冊あたり250~340円の利益が見込めます。

 

 

新しければ定価の8割くらいで売れます。

 

星海社新書は比較的新しい出版社なので、利益が出やすいです。

並んでいる数が少なく、同じタイトルを繰り返し仕入れられます。

 

スピリチュアル系は参考価格がない本も多いです。

 

恋愛系で利益が出るのはめずらしいです。

 

古い新書はたまに当たりがあります。

 

『ヒルファディング金融資本論入門 』も100円で仕入れて1800円で売りました。

有斐閣新書は当たりが大きい印象があります。

 

ちなみに、有斐閣の読み方は”ゆうひかく”です。

 

⇓こちらも古い新書。

 

⇓ニッチな分野の仕入れ例です。

  

 

新書は学習系のジャンルも多いです。

 

定価超えの新書もあります。

 

 

まとめ:単行本に慣れたら新書せどりも挑戦!

・新書は薄利だが回転率が良い

 

・新書せどりのリサーチのコツ

 -新しい本/利益が出やすいジャンル/古い本や見たことのない出版社を見る

 

・まずは単行本で慣れてから新書にもチャレンジ

 

・100円で仕入れて700円くらいで売ることが多い

 

・たまに1冊1000円以上利益が出る本もある(年に数回)

新書だけをメインで稼ぐのは難しいのですが、

単行本など得意分野のついでに見るのはおすすめです。

 

補充のタイミングにばっちり合えば、1回で10冊前後仕入れられるときもあります。

 

『仕入れられるジャンルが広がる=利益が増える』なので、

慣れてきたら見てみてくださいね。

 

文庫せどりの特徴はこちらを参考にしてください。

せどりで文庫本は稼げるの?利益を上げるリサーチのコツと販売例

 

★初心者歓迎!ココナラで本せどりの相談に乗ってます★

本せどりの相談受付中!ココナラでせどり初心者の悩みに答えています【営業・勧誘なし】

お悩み相談お待ちしてます!

 

★本せどり初心者の仕入れマニュアルをnoteで販売中!(1000円)★

アイキャッチ_本せどりマニュアル【せどりのnote】せどり未経験の主婦でも月1万円稼げた本せどりマニュアル