本せどりのジャンル別攻略法!(歴史本)【販売商品のリストあり】

実際に販売した本の中から、歴史本を紹介します。

単価が高くて専門書が多いジャンルです。

 

この記事では

 

歴史本のタイプと特徴

実際に販売した商品リスト

 

をご紹介します。

これを読んだらブックオフに行きたくなること間違いなし!

 

音声で聞きたい方はYoutubeをどうぞ!

 




歴史本のタイプと特徴

せどりの観点から、歴史本のタイプと特徴をご紹介します。

日本史

日本の歴史を扱ったものの中では、古代と戦争関連が高値です。

 

戦争関連は在庫も豊富なので、ぜひチェックしてください。

【ポイント】

  • 古代神道と関連付けたもの、古文書の読み解き方 など
  • 戦争時代考証、どうすれば歴史が変わったか など

戦国時代も人気ですが、あまり高値の本はない印象です。

(もともと定価が安い、ライトな読者向けの本が多い)

 

その他の時代でも、

専門性が高いかを基準にチェックしてくださいね。

 

専門性が高いかどうかの目安

専門性が高い=狭く深く、専門性が低い=広く浅くです。

 

一人の人物を研究、一つの事件を研究、

ある時代を特定の視点(経済、文化、宗教など)から研究…

 

狭く深く研究している本に注目しましょう!

世界史

世界史では、戦争関連、馴染みのない国の歴史が高値です。

 

特にナチス関連は専門書が豊富。

定価が高いナチス関連の本はリサーチしてみましょう。

 

言語学習の本でも馴染みのない国はチェック!

 

主観ですが、

馴染みのある/ないのイメージはこんな感じです。

馴染みがある⇒アメリカ、中国、韓国、イギリス など

馴染みがない⇒タイ、ロシア、ペルシャ、インド、アフリカ など

もちろん、アメリカの歴史でも、

ニッチな分野を掘り下げていれば高値の可能性もあります。

 

週刊シリーズ

週刊シリーズとは、毎週発行されるシリーズものの薄い雑誌。

歴史・城・寺社仏閣・鉄道などが多いです。

週刊シリーズの例

出典:Amazon

 

1冊あたりの利益はそれほど高くないですが、

まとめて仕入れられるメリットがあります。

 

特に歴史、寺社仏閣系は利益が出やすいのでおすすめ。

ムック本コーナーにあります。



高値が期待できる歴史本

定価が高い専門書です。

 

歴史の専門書は定価が5000円オーバーも珍しくないので、

中古の価格も実用書に比べて高くなります。

歴史本を仕入れるときの注意点

歴史本を仕入れるときは

回転率・過去の販売実績・サイズに注意です。

 

高価な専門書は回転率が悪い

専門書は実用書よりも売れにくい(=回転率が悪い)ので、

数か月売れないことも珍しくありません。

(その分、利益は大きいのですが…)

 

1回で大きい利益を狙うか、資金を回転させて大きくするか

あなたの価値観次第です。

わたしは大きい利益を狙ってのんびり売るタイプです。

仕入れが安いので、しばらく資金が回収できなくてもOK!

 

自分の資金と在庫のバランスを考えて仕入れましょう。

 

↓在庫のバランスについては下記を参考にしてください。

初心者でもわかる本せどりの仕入れ基準!回転率と利益率で判断しよう!

 

売れている実績があるか確認する

Amazonで現在高値で売られていても、

その値段で売れた実績がなければ現在価格に意味はありません。

 

過去に売れている実績があるかどうかをチェックしましょう。

参考にするのは、売れたときの値段です。

過去に売れた実績をチェックするには

有料版のkeepaランキングの推移を見ます。

 

無料版で価格の推移から推測もできますが、精度は落ちます。

これはどのジャンルでもいえるのですが、

特に歴史ジャンルは売れていないのに高値で販売しっぱなしの本が多いです。

 

keepaが使えない人は、

Amazonランキングだけでもチェックしましょう。

 

現在のランキングが100万位オーバーしていたら、

仕入れるのは危険です。




サイズ(厚さ)に注意する

歴史の専門書は分厚い本が多いです。

 

厚さ3cmを超えるとクリックポストが使えなくなるので、

送料が高くなります。

発送についてはこちらで詳しく紹介しています。

せどりの送料を徹底解説!自己発送とFBAの違いと送料を抑える重要性 本せどりの発送手順は?Amazonでの操作から実際の発送まで

ブックオフで仕入れて販売したリスト

ここからは、実際ブックオフで仕入れて販売した

歴史本を紹介します。

日本史

『豊臣秀吉の系図学』
仕入れ:210円
売値:1800円
利益:1140円

対象を絞っている本がおすすめ。

 

『帝国日本の気象観測ネットワーク―満洲・関東州』

仕入れ:210円
売値:1800円
利益:1100円

回転率が悪そうだったのですが、1ヶ月で売れました。

シリーズものなので、また仕入れられそうです。

 

↓同じシリーズの本でも利益が出ました。

派生リサーチの例(シリーズもの)

また売れました。

すごく見つかるんですけど、うちの近所だけ??

『近衛文麿とルーズヴェルト』

仕入れ:210円
売値:1700円
利益:1050円

人名が入っていたらリサーチしています。

 

『兵隊たちの陸軍史』
仕入れ:210円
売値:1400円
利益:800円

発行が新しかった(2019年4月)のでリサーチ。

 

『日本ナショナリズムの歴史Ⅰ』
仕入れ:210円
売値:1800円
利益:1100円

 

『日本ナショナリズムの歴史Ⅱ』
仕入れ:210円
売値:1410円
利益:800円

シリーズものは一度仕入れると覚えられるので、

仕入れがどんどん楽になります。

 

派生リサーチの例(シリーズもの)2

 

2021/2/6追記:最近また同じ本が売れました!

 

戦争時代は利益本がよく見つかります。

 

『「日本外史」-幕末のベストセラーを「超」現代語訳で読む』

仕入れ:210円
売値:2600円
利益:1800円

定価超えのプレミア価格です。

 

歴史+散歩は期待大です。

 

 

歴史+地図もおすすめ。

 

回転率が悪いものもあるので、

売れるまでに待てる期間と仕入れ値を考えて仕入れ判断してくださいね。

 

戦時中や戦争の時代考証は人気があります。

 

戦争責任や植民地のテーマも高いです。(政治ジャンルかもしれませんが・・・)

 

 

これは5冊くらい売りました。

ちょっと相場が下がってますが、繰り返し仕入れられるので重宝しています。

 

大河ドラマの影響を受けやすかったりします。

 

戦国時代や幕末はやっぱり人気です。

 

 

時代小説もたまに歴史の棚に紛れてます。

 

⇓こちらは失敗例。回転率が悪い&微妙に厚さ3cm以上で220円しか利益が出なかった・・・

 

古代っぽいのもよく仕入れます。

 

歴史の調査方法の専門書も売りました。

レア度が高いと期待が高まります!

 

↓家紋も歴史といえば歴史かな?

 

大人の学び直しの本もよく売れます。

 

新書は110円で仕入れられて回転率が良いので、リピート仕入れに最適!

 




世界史

『アウシュヴィッツと表彰の限界』
仕入れ:210円
売値:1250円
利益:670円

ナチス関連は高いです。

 

『性からよむ中国史:男女隔離・纏足・同性愛』
仕入れ:500円
売値:2380円
利益:1300円

単なる中国の歴史ではなく、

テーマを絞っているのでおすすめ。

 

『雲南の歴史』
仕入れ:210円
売値:1400円
利益:790円

地域を絞っているのでリサーチしました。

 

『50のドラマで知るヨーロッパの歴史』

仕入れ:210円
売値:2200円
利益:1400円

これもシリーズなので、一度覚えれば仕入れができます。

 

やっぱり戦争の時代が人気です。

 

やっぱり戦争の時代が高くて見つけやすいです。

 

教養系は値下がりが早いので、新しいのから見ましょう!

 

安定の叢書・ウニベルシタスです。

歴史よりは哲学ジャンルかもしれません。

 

↓古代ローマのガイドブックを発見!コンセプトが面白かったです。

 

上下セットはメルカリで販売することもあります。

1冊210円で仕入れて、セットにして売りました。

 

状態が悪いときもメルカリを使います。

写真を見てくれる確率が高いので、

クレームになりづらいです。

書き込みと中割れがあったので安くしました。

ダメージ部分の写真を載せて、相場より安く出品します。

 

↓こちらはブックオフオンラインで2050円で仕入れて、800円ちょっとの利益。

 




週刊シリーズ

”週刊 古寺をめぐる”はよくチェックします。

『週刊古寺を巡る3 東寺』
仕入れ:108円
売値:1000円
利益:560円

『週刊古寺を巡る7 長谷寺』
仕入れ:108円
売値:1000円
利益:560円

『週刊古寺を巡る22 神護寺』
仕入れ:108円
売値:800円
利益:390円

『週刊古寺を巡る38 東福寺』
仕入れ:108円
売値:1500円
利益:980円

 

他にもいろいろな週刊シリーズがあります。

『週刊日本遺産 NO.16 永平寺』

仕入れ:108円
売値:910円
利益:480円

『週刊日本遺産 NO.46 三徳山 大山』

仕入れ:108円
売値:910円
利益:480円

『週刊 名城をゆく 44 和歌山城』

仕入れ:108円
売値:910円
利益:480円

1冊の利益は少ないけど、1回でまとめて仕入れられるのが魅力!




まとめ:歴史本は回転率に注意しながら専門書をチェック

歴史本は他ジャンルに比べて回転率が悪いので、

在庫のバランスは注意しましょう。

 

その代わり、1冊あたり大きな利益を狙えるジャンルなので、

ぜひリサーチ対象に入れてくださいね!

 

はじめは興味がなくて苦手ジャンルでしたが、

コツを掴めば難しくないです

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!
あなたの人生に良い変化をもたらしますように…

★初心者歓迎!ココナラで本せどりの相談に乗ってます★

本せどりの相談受付中!ココナラでせどり初心者の悩みに答えています【営業・勧誘なし】

お悩み相談お待ちしてます!

 

★本せどり初心者の仕入れマニュアルをnoteで販売中!(1000円)★

アイキャッチ_本せどりマニュアル【せどりのnote】せどり未経験の主婦でも月1万円稼げた本せどりマニュアル

 

★副業で本せどりをはじめたい人のためのロードマップはこちら!★

まずは月3万円から目指しましょう!

副業で本せどりをはじめたい人のためのロードマップ

 

★その他の販売例はこちら!★

子育て主婦が本せどりで販売した利益本をご紹介!すべてブックオフで発見