せどりで文庫本は稼げるの?利益を上げるリサーチのコツと販売例

本せどりで文庫本は薄利多売、稼げないジャンルと言われています。

そのせいか、あまり文庫本せどりをしている人はいません。

 

人がやらないことこそチャンス!

 

文庫本せどりはやみくもにリサーチしても時間の無駄です。

 

リサーチのコツを掴んで、

ライバルがいないうちに仕入れてしまいましょう。

 

この記事では、

 

文庫本せどりのメリット/デメリット

文庫本せどりのコツ

 

を紹介します。

 

★初心者歓迎!ココナラで本せどりの相談に乗ってます★

本せどりの相談受付中!ココナラでせどり初心者の悩みに答えています【営業・勧誘なし】

お悩み相談お待ちしてます!

 




文庫本せどりのメリット

文庫本せどりのメリットは3つあります。

 

メリット1:ライバルが少ない

冒頭でも書きましたが、文庫本をやっている人は少ないです。

【ライバルの多さの目安】

 

多い

 

コミック

単C棚・雑誌

プロパー棚

文庫本・新書

 

少ない

経験上、コミックが1番多く、

文庫本は新書と並んで人気のないジャンルです。

 

休日の大型店は、コミック本コーナーにライバルせどらーがいっぱい。

コミックをやったことがある人なら覚えがあるはず

 

文庫本コーナーにライバルがひしめき合っているところは、

見たことがありません。

メリット2:安い

単C棚でも単行本は200円(+税)かかりますが、

文庫本は100円コーナーが充実しています。

 

1冊100円(+税)で仕入れられるということは、

売れ残ったとしてもダメージが少ないです。

 

リスクが少ないのは初心者に嬉しいメリット♪

 

メリット3:リピート仕入れができる

文庫本はコミックに次いで在庫が豊富です。

 

一度利益が出る本を見つければ、

他の店舗や後日の仕入れで繰り返し仕入れられます。

 

中古本は縦積み(同じ商品を複数仕入れる)ができないのが弱点ですが、

中古本の中でもコミックと文庫本はリピートしやすいです。

特にセット本はリピートしやすい!




文庫本せどりのデメリット

文庫本せどりのデメリットは2つあります。

 

デメリット1:利益本が少ない

文庫本は在庫が豊富で、並んでいる本は1冊だと99%利益が出ません。

 

99.9%かもしれない…

 

しかもその1%で得られる利益は数百円。

 

何も考えずに全頭リサーチ(片っ端からリサーチ)するのは苦行です。

デメリット2:定価が安い

文庫本はだいたい1000円以下、

学術系の文庫でもせいぜい2000円くらいの定価です。

 

定価が安いということは、

プレミア本でなければ大きい利益が出せないということ。

 

必然的に薄利多売になります。

 

プレミア本は見つからないからプレミア本なんです

文庫本せどりのコツ

文庫本せどりは、

やみくもにリサーチしても時間が過ぎていくばかりです。

 

コツを押さえて効率的にリサーチしましょう。

出版社を絞る

単品の文庫本で利益を得るなら、出版社は4つに絞ります。

・岩波文庫/岩波現代文庫

 

・講談社学術文庫

 

・ちくま学芸文庫

 

・河出文庫

 

これ以外でも利益本はありますが、とても効率が悪いです。

 

他の出版社は、本せどりに慣れてきてからで良いと思います。

(最近はヤマケイ文庫を見つけました)

セット本を狙う

文庫本せどりの王道はセット本を狙うこと。

 

全巻100円コーナーで売られていることも多く、

1冊ずつ販売する商品より圧倒的に見つけやすいです。

 

↓セット本せどりについて詳細はこちら!

セット本せどりで稼ぐ方法!初心者におすすめのセット本リスト公開!

セールを狙う

ブックオフのセールは20%オフのウルトラセールが有名ですが、

文庫本は店舗限定のセールが狙い目です。

 

なんと、文庫本50%オフセールがあります。

110円→55円です!

 

セット本をまとめて購入すれば、セールの効果をより享受できます。



文庫本の販売例

 

文庫本の販売例を紹介します。

 

※まだ文庫本のプレミア本に出会ったことがありません。

出会ったら追加更新します。

ようやくプレミア文庫本に出会えました!

厚黒学は中国の成功哲学です。

他の本も高いので厚黒学は覚えておきましょう。

 

厚黒学、厚黒学、厚黒学・・・

 

講談社学術文庫でも見つけました。

 

セット本の販売例でも紹介しています。

セット本せどりで稼ぐ方法!初心者におすすめのセット本リスト公開!

 

それ以外の販売例をご紹介します。

 

『前田利家 上中下巻セット』

売値:1200円(利益:610円)

 

比較的集めやすいセット。

時代小説はセットを作りやすいです。

 

『織田信長 全5巻セット(山岡荘八歴史文庫)』

売値:1500円(利益:450円)

 

山岡荘八歴史文庫は人名タイトルが目立つ本。

 

時代小説は番号が振ってある本が多いので、

シリーズものがわかりやすい。

 

『ヘーゲル論理学の体系(こぶし文庫)』

売値:1200円(利益:730円)

 

哲学系は文庫でも高値です。

珍しい出版社は文庫本棚の後ろのほうにまとめられています。

 

『存在と無<1>』

売値:1580円(利益:800円)

 

ちくま学芸文庫は定価が高いので、1冊でも利益が出る文庫本があります。

この本の定価は1800円!

 




『記憶の形象』

売値:800~1070円(利益:490~720円)

 

ちくま学芸文庫です。

 

Amazonにセット本のカタログがなかったので、

上下バラバラで売りました。

 

『新版タイムトラベルの哲学』

売値:900円(利益:570円)

 

こちらもちくま学芸文庫。

とりあえず安いちくま学芸文庫は集中リサーチしています。

 

『定本 育児の百科全3冊セット』

売値:1300円(利益:690円)

 

岩波文庫。コンディション可でも売れます。

ブックオフでよく見かける本です。

 

『卵のように軽やかに』

売値:900円(利益:570円)

 

ちくま学芸文庫。哲学系です。

 

『唐詩選国字解』

売値:700~1200円(利益:400~830円)

 

東洋文庫はあまりブックオフで見かけません。

1、2、3をバラバラで販売しました。

 

その他、心理学やスピリチュアル系は高めが多い気がします。

 

お散歩系も人気??

 

↓タイトルがわかりにくいですが、『超訳論語 革命の言葉』という本。

 

鉄板の名著はメルカリで即売れです。

 

↓110円で仕入れて、利益は300円♪

 

↓あまりに早く売れたので、2回目はちょっと値上げしました。

 

ジョージ・オーウェルなど、日本人でもよく知っている作家は要リサーチ!

 

ハーバーBOOKSは海外ミステリの小説が多いです。

 

変わったところでは、

限定カバーとポストカード付で通常版より高めに売れました。

 

単行本で1回売ったものを文庫でも見つけると、

仕入れの手間が省けます。

 

文庫本はセールが多い

全国的なデータではなく体感的に、文庫本はお得なセールが多いです。

30%オフや50%オフのセールがよくあります。

 

セールでは、

ところてん(値下げ)で新しいものを見れば利益が出る本もあります。

利益は220円くらいです。

 

文庫は回転率がいいので、

作業量を厭わない人はリサーチしてもよいでしょう。

 

海外小説の文庫セットも売れました。

110円×2冊なので960円の利益です。

 

名作っぽいものもよくセットにします。

 

⇓すべて110円で仕入れて、送料が600円。利益は650円です。

 

⇓すべて110円仕入れで、送料175円のネコポスに収まりました。

(利益は390円)

 

⇓すべて88円仕入れ、送料175円のネコポスに入ります。

(利益は730円)

 

光人社NF文庫は軍事・戦争系が多いです。

 




おすすめ出版社別の販売例

文庫は在庫が多くてリサーチに戸惑うかもしれません。

はじめは出版社を絞るといいですよ!

 

ヤマケイ文庫

けっこう値崩れしてない本が多いです。

大きく稼ぐのは難しいですが、手堅く仕入れられます。

 

 

⇓任意のセットを作るときはメルカリで売ります。

 

ちくま学芸文庫

 

ちくま学芸文庫は哲学系が多くて定価が高いです。

 

河出文庫

河出文庫は海外小説がおすすめです。

文庫にしては定価が高いので、110円で仕入れれば利益が取れます。

 

岩波現代文庫

岩波現代文庫は全部リサーチするくらい鉄板!

 

 

岩波文庫

 

仕入れは1冊110円なので、たくさん売れると利益が大きいです。

必ずしも全部集めなくても、後半だけで売れます。

 

”失われた時を求めて”は、

ところてん(値下げ)されたばかりのときに一気に仕入れられました。

 

↓こちらは1冊で1000円くらい利益が出ました!

講談社学術文庫

こちらは母が仕入れてきたもの。

母には最初に単行本を教えて、

次に文庫本とセット本を教えています。

まとめ:文庫本せどりはリサーチ対象を絞る!

・文庫本せどりはライバルが少ない

 

・文庫本は安くてリピートしやすい

 

・デメリットは利益本を見つけにくくて薄利多売

 

・文庫本せどりのコツは出版社を絞ること

 

文庫のセット本は特にリピートしやすい

 

文庫本のセールを有効活用

文庫本せどりは出版社縛りでササっとリサーチすると効率的。

 

セット本ならコミックのようにリピート仕入れができる割に

ライバルが少ないです。

 

薄利多売の側面があるので文庫本せどりだけで何万円も稼ぐのは難しいですが、

利益の上乗せには十分使えます。

 

特にセールのときは文庫本をまとめ買いします!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

ブックオフでの棚の位置や出版社ごとの特徴などはnoteでも紹介しています。

新書せどりのコツもついています。

 

↓興味がある方はご覧ください♪

noteを見てみる

 

★初心者歓迎!ココナラで本せどりの相談に乗ってます★

本せどりの相談受付中!ココナラでせどり初心者の悩みに答えています【営業・勧誘なし】

お悩み相談お待ちしてます!

 

★本せどり初心者の仕入れマニュアルをnoteで販売中!(1000円)★

アイキャッチ_本せどりマニュアル【せどりのnote】せどり未経験の主婦でも月1万円稼げた本せどりマニュアル