kindleで自費出版をやってみた!費用0円で電子書籍の出版ができる

アイキャッチ_kindle

Kindleで電子書籍出してみたいけど難しいのかな?

初期費用はいくら必要なんだろう?

 

Kindle出版はすごく簡単!

自費出版といっても費用は0円でした。

 

原稿と表紙画像があれば、

1日で出版も可能なお手軽さです。

 

電子書籍とはいえ、本を出版するというのは敷居が高く感じますよね。

 

紙の本の自費出版は数十万円かかりますが、

Kindleは0円で出版できました。

 

わたしが出版した本はこちら

>>今日から売れる!メルカリ販売術!

 

この記事では、

Kindle出版に必要なものと必要な作業を紹介します。

 

一度は本を出版したいという人は多いはず。

簡単なのでぜひチャレンジしてみましょう!




Kindle出版に必要なもの:費用は0円

Kindle出版に必要なものは3つだけです。

1.原稿

2.表紙画像

3.KDPのアカウント

(KDP:kindle direct publishing)

もしこの3つが揃っていれば、ものの15分くらいで出版できます。

(審査の時間は除く)

 

コンテンツさえあれば、出版自体はとても簡単です。




Kindle出版の流れと必要な作業

 

Kindle出版の流れと必要な作業を説明します。

1:原稿を作る

Kindle出版のコンテンツである原稿を作成します。

対応しているファイル形式は以下の通りです。

  • Microsoft Word
  • HTML
  • Mobi
  • EPUB
  • RTF
  • TXT
  • PDF

好きなファイル形式で良いですが、

WordやPDFはレイアウトが崩れるという話をよく聞きます。

 

「ファイル形式???(混乱)」という方は、

テキストファイルで作成してEPUBファイルに変換するのがおすすめです。

 

テキストでどんどん原稿を書いていきましょう。

各ファイル形式の特徴は調べる必要なしです。

 

テキストファイルはMicrosoft標準のメモ帳でOK。

その他のエディタはTeraPadやサクラエディタがあります。

(どちらも無料)

 

文字数はどのくらい必要?

実用書、ハウツー本なら1万字前後で通りました。

小説は1万字だと物足りないかもしれません。

 

審査に出すための文字数要件はありませんが、

あまりにも少ないと審査で落ちる可能性があります。

 




2:原稿を装飾する

テキストで原稿が完成したら、

でんでんコンバーターでテキストをEPUB形式に変換します。

 

>>でんでんコンバーター

 

いきなり変換してしまうとベタ打ちのテキストで見にくいので、

見出しや太字、リンクを貼るなどの装飾をしていきましょう。

 

装飾の仕方はでんでんコンバーターのマークダウンを見ます。

 

たくさんあるので最初から全て読むのではなく、

まずは必要最低限のものだけ覚えて使います。

 

「こういう装飾がしたい!」と思ったときに調べれば十分です。




【よく使う装飾】

 

・改ページ

 

=========  (=が3つ以上で改ページになります)

 

・見出し

 

## 見出し2 ##
###  見出し3 ###
#### 見出し4 ####

 

 

・リンク

 

[リンクを貼る文字列](リンク先URL)

 

例:

詳しくは[こちら](http://example.com/)を参照

詳しくはこちらを参照

 

 

・太字

 

** 太字  **

 

 

・箇条書き

 

*
*
*

 

※ *に半角スペース

 

 

・画像の挿入

 

![代替テキスト](画像のファイル名)
実際の画像のファイル名と一致させます。

 

3:原稿をEPUB形式に変換する

マークアップしたテキストを

でんでんコンバーターでEPUB形式に変換します。

 

テキストをアップロードして、タイトル・著者名を入れて変換!

でんでんコンバーター

これでEPUB形式のファイルが完成です!




4:原稿をプレビューして微調整

 

装飾がうまくいっていないことがあるので、

プレビューして確認します。

 

プレビューにはKindle Previewerをダウンロードしましょう。

 

無料です!

 

このビューワーで見るのと、

出版前最終確認のプレビューでは多少表示が違います。

 

最終確認は必要なのですが、

一度このタイミングで大まかに修正しておきます。

 

【修正手順】

 

viewerで見る

テキストファイルを修正

でんでんコンバーターで変換

viewerで再チェック

繰り返し

 




5:表紙画像を作る

表紙画像を自分で作成するならCanvaがおすすめです。

自分で作れば費用が抑えられます。

 

Canvaを使えば、素人でもある程度のレベルの表紙が簡単に作成できます。

 

わたしの本の表紙もCanvaで作りました。

10分くらいで完成!

 

表紙は本のタイトルと同じくらい重要なので、

ココナラやクラウドソーシングでプロに外注することもできます。

 

Kindle出版で稼ぐぞ!という人は外注するのがおすすめ。

試しに出版してみるだけなら自作してみましょう!




6:KDPのアカウントを作る

Amazonのアカウントでサインインし、

出版用のアカウント設定をします。

 

住所、氏名、口座登録、税金関係の設定です。

 

↓KDPアカウント作成について、手順画面つきでまとめました。

KDPアカウントの登録・作成方法を解説!AmazonのKindle出版に必須!

 

一度アカウント設定すれば、

2冊目以降の出版はこのステップは不要になります。

 

7:KDPで原稿と表紙画像をアップロード

KDPで原稿と表紙画像をアップロードし、

書籍の基本情報を入力したら完成です。

 

入力内容が決まっていれば10分かからず終わりますが、

重要な入力項目があります。

【重要な入力項目】

 

・本の内容

・キーワード設定

・価格設定

多くの人に手に取ってもらうには、気が抜けない項目ばかり。

しっかり考えましょう。

 

全ての必須項目を入力したら、出版ボタンを押します。

この後、Amazonの審査があり、通過すれば晴れて出版となります。

 

↓こんなメールが届きます。

kindleからのメール

 

72時間以内に審査されるそうですが、だいたい半日で承認されました。




まとめ:Kindleの自費出版はやってみたら簡単だった!

・Kindle出版は費用が0円!手軽に挑戦できる

 

・Kindle出版に必要なものは3つ:

原稿、表紙画像、KDPアカウント

 

・テキストファイルで作ってからEPUBファイルに変更すると簡単

 

タイトル、表紙画像、本の内容は売れ行きにかかわる

 

・誰でもできるくらい簡単!思い立ったらすぐ出版できる

 

こんなに簡単にKindle出版できるとは驚きました。

紙の本を自費出版するより何倍も簡単でコストがかかりません。

 

一度やってみるとその簡単さがわかるので、

電子書籍の出版をしたい人はぜひチャレンジしてみてくださいね!

 

わたしが出版した本はこちら

>>今日から売れる!メルカリ販売術!

 

↓KDPアカウント作成について、詳しくはこちら!

KDPアカウントの登録・作成方法を解説!AmazonのKindle出版に必須!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!