子育て主婦が本せどりで販売した利益本の紹介㉔

アイキャッチ_利益本汎用

実際に本せどりで販売した利益本をご紹介します。

 

商品知識を付けるのはもちろんのこと、

稼げるイメージをもってモチベーションアップ!

スポンサードリンク
 





販売例1:利益500円

新しめのビジネス書。

 

会計や経済の分野は古いとすぐ値下がりするのであまり見ませんが、

内容に興味があったのでリサーチしてみました。

販売例2:利益570円

 

この本を販売するのは2回目。

インパクトのあるタイトルなので目に飛び込んできました。

 

海外小説はお気にいりのジャンルです。

販売例3:利益770円

 

 

理系の本は見た目に捉われずリサーチ。

古くさくても意外に値崩れしていない、何度も増刷がかかっている本があります。

販売例4:利益330円

沢木耕太郎さんの本はよくリサーチします。

 

小説やエッセイなのでそんなに高くないですが、

回転率は良いです。

スポンサードリンク
 





販売例5:利益850円

この本を売るのは3回目くらいです。

クラフトのムック本コーナーで見つけたら買う、を繰り返しています。

 

 

定価は933円なのに、Amazonでは2000円前後で売れます。

 

ブックオフでは基本的に定価を超える値段はつけないので、

値下げを待つ必要がありません。

販売例6:利益1320円

 

なんとなく難しそう+外国人著者でひっかかりました。

 

ミネルヴァ書房は大学の教科書など専門書が多い出版社なので、

当たりが多いです。

販売例7:利益620円

これは10年以上前の雑誌ですが、DVDがついていました。

 

車やバイク雑誌はしっかりやれば利益が出ると思うのですが、

なにせ興味がなくて・・・

 

好きな人はぜひチャレンジ!

販売例8:利益1350円

 

海外小説+東欧のSFというのが気になってリサーチ。

2週間くらいで売れたので、回転率もばっちりでした。

 

販売例9:利益700円

顧客ロイヤルティが気になってリサーチ。

 

薄利多売系のビジネス書かと思いきや、

けっこう1冊で利益が出せました。

 

薄利多売系のビジネス書はメルカリで売ります。

手数料が安いのと、ある程度まとめて発送できるからです。

 

販売例10:利益6200円

久々のヒットでした。

1冊で5000円以上の利益が出せるのは、1年に2回くらいです。

 

210円の棚で発見したのですが、ところてん(値下げ)ではありません。

値付けの段階から210円になっていました。

 

単品管理になっているといっても、

めずらしい本は値付け判断をミスすることもあるんですね。

スポンサードリンク
 





本せどりの始め方はこちら!

★副業で本せどりをはじめたい人のためのロードマップはこちら!★

 

まずは月3万円から目指しましょう!

副業で本せどりをはじめたい人のためのロードマップ

 

⇓販売例の一覧に戻る

子育て主婦が本せどりで販売した利益本をご紹介!すべてブックオフで発見