本せどりのジャンル別攻略法!(芸術)【販売商品のリストあり】

実際に販売した本の中から、芸術の本を紹介します。

 

実用書・ハウツー本以外は回転率が悪いので、

在庫のバランスを考えて仕入れます。

 

その分、利益は実用書より大きいです。

 

この記事では

 

芸術本のタイプと特徴、

芸術本のおすすめキーワード、

実際に販売した商品リスト

 

をご紹介します。

 

これを読んだらブックオフに行きたくなること間違いなし!




芸術本のタイプと特徴

せどりの観点から、芸術本のタイプと特徴をご紹介します。

実用書・ハウツー本

水彩画の描き方や美術館の楽しみ方など、やり方や手順を説明した本。

他の実用書と同様、回転率は高い反面、利益は小さいです。

 

新しい本を中心に見ていきますが、

ニッチな分野なら古い本でも高値が期待できます。

 

専門書

作品集や写真集、文化的・社会的側面から考察した専門書。

芸術は特にタイトルが難解なものが多いです。

 

どのジャンルでも専門書は高い!

図録

美術館で購入できる図録もAmazonにカタログがあります。

 

図録はブックオフの共通価格がないことが多いので、

格安(100~500円)で仕入れるチャンス。

 

回転率が悪いので余剰資金で仕入れましょう。

図録は商品画像を載せよう!

図録のカタログには商品画像がないものが多いです。

購入者側からすると、写真があるほうが安心して買えますよね。

 

カタログに写真がなければ、自分のエントリーに写真を添付しましょう。




芸術本のおすすめキーワード

経験則からブックオフで見つけやすい&利益が大きいキーワードを紹介します。

古文書

古文書関連の本はよく見かけます。

そして総じて値段が高いです。

(例)

・古文書の読み方

・古文書で古典文学を読んでみる

”古文書”と見たらとりあえずカゴに入れます。

今まで棚に戻した記憶はないです。

演劇・舞台芸術

演劇・舞台芸術の本はプレミア本が多いので、

見つけたらリサーチしましょう。

 

  • 演劇のレッスン
  • 演劇の指導法
  • 舞台のメイク
  • 舞台装置
  • 伝統芸能(狂言、歌舞伎) など

 

古い本でも関係なく売れます。




ブックオフで仕入れて販売したリスト

ここからは、実際ブックオフで仕入れて販売した

芸術本を紹介します。

実用書・ハウツー本

 

『マンガでわかるルーヴル美術館の見かた』

仕入れ:210円
売値:1500円
利益:880円

パッと見は高そうでなかったのですが、発行から半年以内だったのでリサーチ。

発行年はブックオフのバーコード付き値札に書いてあります。

 

『古文書入門 くずし字で「東海道中膝栗毛」を楽しむ』

仕入れ:210円
売値:2320円
利益:1580円

シリーズものなので、他の古典文学でもリサーチ。

 

『古文書学入門』

仕入れ:210円
売値:1200円
利益:610円

 

『基礎 古文書のよみかた (〈シリーズ〉日本人の手習い) 』

仕入れ:210円
売値:2099円
利益:1360円

古文書はとにかく当たりが多いです。

考古学もいいですね!

 

考古学から派生して、象形文字の本を仕入れたら利益が大きかったです。

 

『水彩画 プロへの技』

仕入れ:210円
売値:1200円
利益:630円

水彩画やパステル画、色鉛筆画などの教本は人気です。

利益は少なくても回転率が良いのでチェック。

 

やはり、専門書より実用書のほうが利益は低いです。

 

映画論もよく売れます。

ちょっと古そうでも、芸術系はあまり関係ありません。

 

教育との掛け合わせもよく見かけます。

 




専門書

 

『アール・ブリュット アート 日本 』

仕入れ:500円
売値:1750円
利益:810円

出品翌日に売れました。

”アール・ブリュット”と聞きなれないワードに引っ掛かりました。

 

『アートの起源』

仕入れ:210円
売値:2000円
利益:1290円

芸術論のような本も専門性が高くておすすめ。

 

『バレエ 誕生から現代までの歴史 』

仕入れ値:200円
売り値:2,600円
利益:1,800円

 

『モダンダンスの歴史』

仕入れ値:300円
売り値:3,200円
利益:2,200円

バレエやダンスは狙い目。

一般の教本ではなく、歴史や理論系の本が良いです!

 

『劇場―舞台芸術のための建築計画と設計 』

仕入れ値:200円
売り値:5,000円
利益:3,800円

なかなかの高利益。

古い本でしたが、ニッチな分野なら高額で売れます。

 

『【改訂新版】演劇は仕事になるのか?演劇の経済的側面とその未来』

仕入れ値:800円
売り値:2,180円
利益:870円

 

仕入れ値が高めなので、初心者のときなら購入するか迷うところ。

 

仕入れ資金に余裕が出たら、

このくらいの利益でも買ってよいかなと思います

 

『有識故実図典―服装と故実 』

仕入れ:500円
売値:2100円
利益:1100円

1995年の本ですが、今でも回転率が高いです。

よくわからない難しそうなタイトルはリサーチ!

 

『日本美術の歴史』

仕入れ:210円
売値:2700円
利益:1900円

そっけないタイトルはよくリサーチ。

出品した日にすぐ売れました。

 

日本画の技法や道具、歴史についても狙い目です。

 

芸術論もおすすめ。

よく知らない外国人名のものがあったらリサーチしています。

 

こんなかわいい本も高かったです。

 

薄くても利益が大きい本もあるので、楽しいジャンルです。

 

ちょっと仕入れを躊躇してしまいそうな表紙のものもあります。

 

ちょっと仕入れは高いのですが、

専門書の数が少ない分野なら高回転率で売れていきます。

 

こちらは1週間で売れました。

 

伝統芸能と健康という面白い掛け合わせ!

 

芸術は単価が高い本が多いので、プロパー棚でも利益が出せます。

 

芸術家のエッセイも高いです。

 




図録

 

『デ・キリコ展図録~終わりなき記憶の旅』

仕入れ:1,000円
売値:8,000円
利益:5,220円

出品者なしだったので仕入れ。2ヶ月で売れました。

 

ランキングが悪い本は販売実績があることを確認しましょう。

一度も売れたことがない本を仕入れるのはリスキーです…

 

『黄金のアフガニスタン─守りぬかれたシルクロードの秘宝』

仕入れ:200円
売値:2,000円
利益:1,320円

売れるまで5ヶ月かかったので、回転率重視の人にはおすすめしません。

わたしは200円仕入れならチャレンジします。

 

『装うインド―インドサリーの世界』

仕入れ:108円
売値:2,780円
利益:2,070円

1か月で売れました。

108円なので利益率が高いです。(利益率73.9%)

インドやアフガニスタンなど、アジア系はおすすめ!

 

『ティム・バートンの世界展 公式図録』

仕入れ:300円
売値:1430円
利益:730円

ティム・バートンはファンが多いのでリサーチしました。

 

特定のアーティストの本・作品集はリサーチしてみましょう。

 

 

陶芸や陶器の本も高いです。

 

アニメ系のイラスト集もたまにあります。

ただ、知識がないのであまり得意ではないです。

 

 

広告やチラシのアート集もよくリサーチします。

 




まとめ:芸術系の本は当たりが多い!

芸術系の本は当たりが多いです。

 

その反面、回転率が悪いので、

販売実績があるか確認してから仕入れましょう。

 

一度キーワードを覚えると、目につくようになりますよ!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!
あなたの人生に良い変化をもたらしますように…

★副業で本せどりをはじめたい人のためのロードマップはこちら!★

まずは月3万円から目指しましょう!

副業で本せどりをはじめたい人のためのロードマップ

 

★その他の販売例はこちら!★

子育て主婦が本せどりで販売した利益本をご紹介!すべてブックオフで発見