プログラミングの副業で稼げないのはなぜ?稼げる人との違いは?

副業でプログラミングしたいな~

家で数時間働くだけで生活できるんでしょ?

プログラミングが大好きなら天職!

「儲かりそう!」という気持ちならよく考えたほうがいいよ・・・

 

プログラミングスクールは大学生や転職活動中の人に大人気!

プログラミングで副業を考える人も増えています。

 

プログラミングが大好きな人は

好きなことで大きく稼ぐチャンスです。

 

でもプログラミング未経験で、「とにかく稼ぎたい!」という気持ちなら、

プログラミングの副業は稼げないリスク大です。

 

この記事では、元エンジニアの経験から、

プログラミングで稼げる人と稼げない人の違いを紹介します。




プログラミングの副業で稼げる人

 

プログラミングで稼げる人には特徴があります。

 

プログラミングがとにかく好き

仕事はプログラミング、趣味もプログラミング。

 

ずっとコードを書いていても苦にならない、デバッグすら楽しい、

これでお金がもらえるなんてラッキー!という人です。

 

プログラミングで大きく稼ぐ人はこのタイプが多く、

寝ても覚めてもプログラミングしています。

 

当然どんどんスキルが上がるので、

仕事も速くて単価も上がります。

 

依頼を受けるだけでなく、

自分のアイディアでアプリを開発する人は桁違いに稼げます。

 

こういう人は、プログラミングを本業にすべき!




本業がエンジニア、エンジニア経験がある

エンジニア経験があると、クライアントとのコミュニケーションがスムーズ。

 

進捗報告や相談のタイミングも分かるし、

「いちいち言われなくても話が通じる」という印象を持たれます。

 

本業と副業の領域が近いほどスキルが流用できるので、

成功確率が上がります。

 

エンジニア時代のコネが使えるのもメリット!




上流工程(要件定義、設計)ができる

 

スクールで勉強しただけの人は、

コーディングやテストなどの下流工程に回されがち。

 

もちろん、ほとんどがコーディングやテストからスタートしますが、

そこから抜け出すには受け身ではNG!

 

自主的なスキルアップ、積極的な営業が必要です。

 

上流工程ができる人は貴重なので、

報酬も上がるし、クライアントも手放したくない人材です。

 

クライアントのふわっとした要望を、

要件定義や設計書にまとめ、単価の安いプログラマーに振り分けます。

 

上流工程にはコミュニケーションスキルが必須。

 

プログラミング=人とコミュニケーションを取らなくて良い、は間違いです。

規模が大きくなれば、複数人と協力することは避けて通れません。

 

クライアントが助かるので、感謝されて評価もアップ!

 




プログラミングの副業で稼げない人

プログラミングで稼げないのは次のような人です。

 

スクールで学んだだけ

スクールでひと通り基礎を学んだ、という人。

 

プログラミングスクールの受講者は年々増えているので、

実務経験や目を引く作品、プラスαのスキルがないとアピールできません。

プラスαのスキル:

デザイン、ライティング、設計、コミュニケーションスキル、マネジメントなど

 

同じレベルの初心者はたくさんいます。

 

もし副業で継続的に稼ぎたいなら、

初心者から早く脱するために自発的なスキルアップが必要です。




プログラミングをライスワークと割り切っている

 

プログラミングはお金を稼ぐためだけの手段(ライスワーク)と割り切っていると、

プログラミングが好きでたまらない人にすぐ追い抜かれます。

 

好きで仕方ないってそのくらい武器になる!

 

天才的なセンスがあるなら別ですが、

少し経験があるくらいなら常にスキルアップをしないといけません。

 

プログラミングで稼ぐと決めたら、

継続的な勉強は必要です。




在宅で数時間働けば稼げるのは優秀な人だけ

家にいて、2~3時間仕事して後は好きなことして暮らす・・・

そんなイメージがあったんだけど・・・

 

夢を見すぎだね~

好きな時に2~3時間でたくさん稼げるのはひと握り!

 

好きなときに仕事して稼げる、というのは、

仕事に圧倒的な価値がある場合だけです。

 

夢見がちでプログラミングスクールに入ると、

数十万円の費用が無駄になります。

 

プログラミングはずっと勉強が続くこと、

プログラミングが大好きな人たちがライバルだということ、

をしっかり認識して自分ができるかどうか決めましょう。




プレッシャーに耐えられるか

 

在宅で稼げる面が注目されがちですが、

副業でプログラミングをするには大変な面もあります。

 

納品物がすべて

会社員と違って、納品物がすべて。

 

短時間でできる人は効率的に稼げますが、

時間がかかる人はアルバイトよりコスパの悪い労働になります。

 

副業なら、本業で時間が取れないこともあります。

 

睡眠時間を削ってでも仕上げないといけなかったり、

受注の量を見誤ると大変です。

分からなくても自分で解決

スクールや会社なら、

質問したり教えてくれる先輩や同僚がいます。

 

フリーランスや副業なら、

分からなくても自分で解決するしかありません。

 

スクールの課題は、習った範囲からしか出ませんが、

現実の仕事は知らないことも当然のように含まれます。




優秀な人は人手不足、初心者は余る

 

プログラミングは人手不足と言われますが、

人手不足なのは優秀な人材で初心者は余ります。

 

”依頼したい仕事も応募もあるけどスキルアンマッチ”という状態は、

派遣型の会社でよく起こることです。

 

最近は未経験者を安く派遣するIT専門の派遣会社が増えてきました。

 

応募はたくさんあるけど、

プログラミングスクール卒業者ばかりという状態です。

 

価格はものすごく安いのですが…

 

前職はバラバラ、

一律同じようなスクールカリキュラムを卒業しています。

 

反対に、スキルと経験がある人は多少高くても争奪戦です。

数日の間に他に決まってしまうこともよくあります。

 

本当に稼ぎたいなら、争奪戦になるくらい優秀な人材を目指しましょう!




まとめ:プログラミングが大好きになれるか確認しよう

・プログラミングの副業で稼げる人は、プログラミングが大好きな人

 

エンジニア経験や上流工程ができると有利

 

スクールで学んだだけでは副業で稼ぐのは難しい

 

プログラミングが好きでないと簡単に追い抜かされる

 

・納期や納品のプレッシャーに耐えられるか

 

・人手不足は優秀な人だけ

 

プログラミングが好きなら、副業といわず本業にするのがおすすめ!

場所と時間にとらわれずに働けるし、高収入も目指せます。

 

「プログラミングは好きじゃないけど稼げそうだからやってみたい」

という場合は、もう一度考えてみたほうが良いです。

 

もっと好きなことで稼げることがないのかな?

と探してみてからでも遅くないと思います。

 

プログラミングは魅力的な仕事ですが勉強が不可欠。

勉強が続けられるかどうか、自分に問いかけてみましょう!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!